ここから本文です

弁護士への“不当懲戒請求”13万件を扇動した黒幕――『余命三年』の正体とは?

6/12(火) 6:00配信

週プレNEWS

あるブログに扇動されたネットユーザーが、集団で多数の弁護士に懲戒請求を申し立てる騒動が起きている。

場合によっては失職もある弁護士の懲戒請求は、国民に認められた権利ではあるが、日弁連の集計では昨年5月以降、全国21弁護士会で約13万件に上り、例年(1500~2500件程度)に比べるとその数は極めて異常だ。

この集団行動を煽(あお)ったブログの名は『余命三年時事日記』(以下、『余命』)。一体、何者なのか? 懲戒請求を出した後「余命」から離れた“元ファン”や関係者に話を聞き、その正体に迫った!

懲戒請求を受けた東京弁護士会所属の佐々木亮弁護士は、5月16 日に北周士(きた・かねひと)弁護士と合同で開いた記者会見でこう話した。

「懲戒請求は私ひとりで約3000件、北弁護士は約960件。その理由は『違法である朝鮮人学校補助金支給要求声明に賛同し、その活動を推進する行為は、確信犯的犯罪行為である』というものでしたが、私はそのときは声明自体を知らなかったし、賛同の発言や署名をしたこともなかった」

佐々木氏と北氏は、不当な懲戒請求により業務を妨害されたなどとして、ひとり30万円の損害賠償金を求める裁判を起こすと表明。同時に反省・謝罪した者との和解(和解金5万円)も呼びかけた。ほかの一部の弁護士も同程度の額で訴訟の動きを見せている。

そして、この懲戒請求を呼びかけたのが「余命」だ。『ネット右翼の終わり ヘイトスピーチはなぜ無くならないのか』(晶文社)、『愛国奴』(駒草出版)などの著書がある著述家の古谷経衡(つねひら)氏が解説する。

「『余命』は排外主義的な論調で、10年代のネトウヨ(※ネット右翼の略称)をけん引してきた保守系ブログのひとつ。『余命3年と宣告されたブロガーが、残された人生をかけて、左翼や在日の暗部を暴露する』という趣旨で、12年にスタート。今も更新し続けています。真偽は不明ですが、どうやらブログ主が代替わりしているらしく、現在は“三代目”だと言われています」

ブログを見ると、「日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった」といった過激なスレッドが立ち、「余命様、いつも勇気を頂いております」など挨拶の文面で始まる読者コメントが並ぶ。懲戒請求の次なる標的か、弁護士の名前も多数リストアップされていた。「最近、余命氏と会った」という福岡県行橋(ゆくはし)市の市議会議員、小坪慎也氏にも話を聞いた。

同氏は大量の懲戒請求を行なったことについては「権利の乱用だ」と指摘しつつも、弁護士側をこう批判する。

「懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません」

そして、小坪議員は自身のブログで余命氏への支援と連携を表明した。

「今年の沖縄県知事選に向けて、保守系サイトとの連携を深めるのが目的です。なので、『余命』以外の大手保守系サイトの運営者とも会っています」

小坪議員が言う大手保守系サイトとは、「月間訪問者数50万人以上」で、現在、国内に10サイトほどあるという。ちなみに、「余命」の訪問者数は「月60万~70万人」とのこと。同議員によると、同じ保守派でも活動方針の違いからサイト同士で衝突することがよくあるのだとか。そこで年内11月に実施が想定されている沖縄県知事選に向け、大手保守系サイトの団結を取り計らっていたのだ。

その一環として、余命氏と初めて会ったのは今年5月9日。「場所は都内を外そう」との余命氏側の提案により、静岡県熱海市内のレストランの個室で、夜8時から約4時間、ふたりきりで話したという。

「余命氏の年齢は聞いていませんが、見た目は70代。今は退職されていますが、以前はそれなりに大きな民間団体の幹部だったそうです。温和だけど凜々しい好々爺(こうこうや)といった印象を受けました。そして、彼は情に厚い人です。弁護士側が訴訟をチラつかせてきたことを受け、彼は自分の個人情報を公開すると言いだしたんです。自分がおとりになり、懲戒請求者や読者を守ると。

ただ、私は『指揮官が裁判に負けたら、残りの懲戒請求者が不利な戦いを強いられる。だから、(個人情報の公開は)やめたほうがいい』と進言しました。すると、余命氏は『わかっているけど……』とシュンとされましたね」

小坪議員は「余命」の読者の結束は固いと話す。

「大手保守系サイトの多くは広告収入を得ていて、なかには年数千万円を稼ぐビジネス志向なモノもある。しかし、『余命』は広告を一切載せない。余命氏を中心に、純粋に“心”でつながっているんだなと思っています」

◆懲戒請求者は余命に洗脳されていた? この続き『週刊プレイボーイ』26号(6月11日発売)では、訴訟を提起した弁護士側に謝罪し、和解を申し入れた余命の“元ファン”を徹底取材。そちらもお読みください。

最終更新:6/12(火) 11:17
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.27
6月18日(月)発売

特別定価420円(税込)

トランプに期待した「ぼくたちの失敗」/W
杯コロンビア戦で大番狂わせを起こす方法/
カジノ法案のキナ臭すぎる話【グラビア】小
倉優香/小泉遥/吉岡茉祐/都丸紗也華 他