ここから本文です

湘南、「ベストメンバー規定」違反でJリーグから処分。制裁金600万円

6/12(火) 19:39配信

フットボールチャンネル

 Jリーグは12日、今季のYBCルヴァンカップの試合において、いわゆる「ベストメンバー規定」への違反があったとして湘南ベルマーレに制裁を科すことが決定したと発表した。

【Jリーグ】登録選手・加盟クラブが支払った仲介人報酬ランキング

 Jリーグ規約第42条に定められる「最強のチームによる試合参加」の補足基準により、J1およびリーグカップの試合では、先発メンバーに「プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まなければならない」と規定されている。だが4月18日に行われたサガン鳥栖戦において、湘南のスタメンにはプロA契約選手が4名しか含まれていなかった。

 この違反に対し、Jリーグでは湘南にけん責処分および制裁金600万円を科すことを決定した。

 ベストメンバー規定とは別に、ルヴァン杯では若手選手の起用を促すため、21歳以下の選手を1名以上先発出場させるレギュレーションも設けられている。当該の試合では湘南の先発メンバーに21歳以下の選手3名が含まれており、「若手選手を積極起用しようとした同クラブの方針は酌量すべき事情と考える」とJリーグは述べている。そのため、過去の違反事例に倣えば制裁金1000万円が妥当ではあったが、600万円に減額するとのことだ。

 湘南はクラブ公式サイトで処分について説明し、水谷尚人代表取締役が「守らねばならない規約の理解、確認において至らぬ点があり、間違いを犯してしまいました」と謝罪。水谷社長に対して1ヶ月の月給5%減給の処分を下すとともに、その減給額と同額を眞壁潔代表取締役会長が一般社団法人Ring Smileに寄付するという処分を発表している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)