ここから本文です

笑ってはいられない!犬の「オモシロしぐさ」に現れる意外な病気とは

6/13(水) 17:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

ウインクパチリ!

愛犬がアイドルも顔負けのウインクを披露する姿を見て、家族の目線はくぎ付け。愛犬もかわいいと思われていることをわかっていて、しめしめとウインクをしている。そんなほっこりする光景であれば問題ないのですが、単純にいつも眩しそうにしているならば注意が必要です。

涙が出ていたり、目が充血したりする場合には、目の表面の角膜に痛みや違和感があるのかもしれません。もしウインクしている片方の口からヨダレを垂らしているときは、顔半分が麻痺している可能性もあります。このように単なる面白しぐさだと思っていた行動も、実は何らかの病気のサインであることがあります。

舌をペロッ!

ウインクの次は、舌をペロッと出すしぐさ。一瞬だけ舌を出すのは、食べものをねだっているときや、カーミングシグナル(ストレスから自分を落ち着ける行為)だと判断できます。ただし、口の横から舌が出ていたり、うまく口を閉じれずにヨダレが出ている場合は要注意! 腫瘍や歯周病が原因で口の中が腫れていて、うまく口が閉じれていない可能性があります。

しっぽを追いかけてグルグルグルグル

子犬時代の名残なのか、届くか届かないかギリギリの距離にずっとある自分のしっぽを追いかけてグルグル。ちょっぴり間抜けで元気なワンちゃんの姿として有名ですよね。しかし、あまりにも長時間やっていたり、血が出るほどしっぽを噛んだりしているようなら要注意!「常同障害」という心の病気かもしれません。

ちょっと退屈してやっているだけの場合は、飼い主さんが制止すればすぐにやめるはずです。心の病気に気が付いた際には、行動療法の先生に相談することをおすすめします。

頭をブルブル

水浴びをして体が濡れているときに「ブルブル」する行動。これもカーミングシグナルとしてよく見られるしぐさです。しかし頭を振るだけでなく、耳をかきむしっていたら要注意。耳アカや外耳炎といった耳の異常が考えられます。耳から嫌なニオイがすることも判断材料になるので注意してみるようにしましょう。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

いぬのきもち

株式会社ベネッセコーポレーション

最新号を毎月10日前後に
ご自宅にお届けします

1,111円

愛犬のしつけ、健康など、役立つ情報満載。
調べてもはっきりしなかった疑問に専門家が回答!
雑誌&付録を毎月ご自宅にお届けします。