ここから本文です

大人にこそ買う価値あり。今、アップデートするべき器

6/13(水) 20:52配信

集英社ハピプラニュース

食器棚には山ほど器があるのに、食卓に並ぶのはいつも同じものばかり。何十年と作り続けてきた、日々の料理もすっかりマンネリ化……。そんなエクラ世代こそ、器をアップデートしてみては? 器を替えるだけで、いつもの料理も食卓も、ぐんと見違えるはず。

洋食器のような和食器が急増中。なかでも選ぶなら、グレー

最近、レストランなどでも多く見かける、洋食器のような和食器。和洋の料理が混在しがちな家庭料理にこそ、そんな器がとても便利。おすすめは食卓があかぬけて見え、色をつないでくれるグレー。

今、アップデートするならグレーの皿。ニュアンスのあるあいまいなグレーは白や黒、茶色の器のつなぎ役にもなり、料理をピリッと引き締めてくれる。写真はまるで墨絵のようなグレーの濃淡の模様があしらわれた皿。マットな質感で、洋食器にも和食器にもなじむ、食卓の主役になる一枚。竹村良訓 (φ35×H5.2cm)¥40,000/AELU

漆、ヴィンテージ…。「ニュアンスのある白」

ツルッとした真っ白な器はすでに持っているから、これから加えたいのは、ヴィンテージの使い込んだ白、グレーや青みがかった漆の白、陶磁器のマットな白、まるでホウロウの器のような白……などなど。表情のある白い器が並ぶと、それだけで食卓がこんなにも新鮮に。

(右上から順に時計周り)1フランスアンティーク コンポティエ(φ32×H6.6cm)¥35,000・2富井貴志「細リム皿 白漆」(φ21×H2cm)¥11,000・(φ18×H1.8cm)¥9,000・(φ15×H1.5cm)¥8,000/yaichi 3大井寛史「パール カレー皿」(23.5×17×H5cm)¥3,800・4松尾直樹「乳濁釉花形皿L」(φ22×H2cm)¥3,500/shizen 5坪井俊憲「角皿 大」(21×21×H2cm)¥5,000・「角皿 小」(10×10×H0.8cm)¥1,500/ラ・ロンダジル 6豊増一雄「白瓷湖石図五寸皿」(φ14.5×H2.3cm)¥5,000/千鳥 7田澤祐介「八角長皿」(30×15×H1.5cm)¥16,000/ラ・ロンダジル

1/2ページ