ここから本文です

清水綾乃、小堀桃子、土居美咲らが初戦を突破 [女子テニス]

6/13(水) 23:00配信

テニスマガジンONLINE

 ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「富士薬品セイムス ウィメンズカップ in 甲府」(山梨県甲府市・山梨学院横根テニス場/本戦6月12~17日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦残り8試合とダブルス1回戦残り4試合が行われた。

2018年女子国内国際大会表彰写真|PHOTOアルバム

 シングルスは、第1シードの清水綾乃(Club MASA)、第2シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)、第4シードのチャン・カイチェン(台湾)、第5シードの土居美咲(ミキハウス)、スー・チンウェン(台湾)、17歳の佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)、予選勝者の松田美咲(亜細亜大学)とボヤナ・マリンコフ(オーストラリア)が2回戦に進出。第3シードの瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)は、大学2年生の松田に6-2 3-6 1-6で敗れた。

 ダブルスでは、第3シードの土居/江口実沙(橋本総業ホールディングス)、鮎川真奈(エームサービス)/瀬間、荒川晴菜(フリー)/ヌニダ・ルアンナム(タイ)、梶谷桜舞(島津製作所)/松本安莉(山梨学院大学)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 6月14日(木)は10時00分からシングルス2回戦8試合、13時00分以降にダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

■シングルス1回戦

○1清水綾乃(Club MASA)[1] 6-2 6-3 ●2佐藤久真莉(CSJ)[WC]

○4スー・チンウェン(台湾)6-1 6-3 ●3池田涼子(YSC)[WC]

○10松田美咲(亜細亜大学)[Q] 2-6 6-3 6-1 ●9瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)[3]

○11佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)6-3 7-6(4) ●12本藤咲良(フリー)

------

○14ボヤナ・マリンコフ(オーストラリア)[Q] 6-0 6-2 ●13齋藤優寧(SFC)[WC]

○24チャン・カイチェン(台湾)[4] 6-2 7-6(5) ●23松本安莉(山梨学院大学)[WC]

○25土居美咲(ミキハウス)[5] 6-3 6-3 ●26山口芽生(橋本総業ホールディングス)

○32小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[2] 6-4 6-4 ●31鮎川真奈(エームサービス)

■ダブルス1回戦

○9鮎川真奈/瀬間詠里花(エームサービス/橋本総業ホールディングス)6-2 7-6(0) ●10大嶺真緒/芝田詩歩(山梨学院大学)[WC]

○12土居美咲/江口実沙(ミキハウス/橋本総業ホールディングス)[3] 2-6 7-6(3) [10-5] ●11宮本愛弓/佐藤南帆(ローズヒルテニスクラブ/有明ジュニアテニスアカデミー)

○14荒川晴菜/ヌニダ・ルアンナム(フリー/タイ)6-4 6-1 ●13道慶知子/小関みちか(テニスガーデン高槻/フリー)

○15梶谷桜舞/松本安莉(島津製作所/山梨学院大学)6-2 5-7 [10-7] ●16チャン・カイチェン/スー・チンウェン(台湾)[2]