ここから本文です

韓国メディアが"本田下ろし"を提唱!「抜けたほうが良かった」「入るとテンポが…」一方で乾の評価は

6/13(水) 20:08配信

SOCCER DIGEST Web

『スポーツ・ソウル』は「日本は本田圭佑が抜けたほうがパフォーマンスが良かった」と報じた

 6月12日にオーストリアでパラグアイと対戦し、4-2で勝利した日本。西野ジャパン発足後、3戦目にして初の勝利を挙げたが、この結果は韓国でも報じられている。
 
「崖っぷちに立った日本、パラグアイに完勝で“起死回生”」(『スポーツ韓国』)
「パラグアイを撃破、日本は反撃に成功した」(『Best Eleven』)
「“乾2得点”日本、パラグアイに4-2で勝利…6試合ぶりの白星」(『SPOTVNEWS』)
 
 といった具合だが、特に2得点を挙げた乾貴士に注目するメディアが多い印象だ。
 
 例えば、『MKスポーツ』は、「乾、世界最高の舞台の選手らしかった」と題した記事を掲載した。記事は、この日の試合結果を振り返りながら、「UEFAカントリーランキングでトップを走るスペインで活躍している」と乾の経歴を紹介。日本が6試合ぶりに勝利したことに触れながら、「乾の活躍によって、不安が解消された」と報じている。
 
 そのほかにも、「“乾のワンマンショー”日本、パラグアイを4-2で撃破…6試合ぶり勝利」(『InterFootball』)、「日本、乾の2得点でパラグアイに4-2逆転勝利」(News1』)など、乾の活躍にスポットライトを当てるメディアは数多い。
 
 また、約8か月ぶりにスタメン出場した香川真司に注目したのは『SPORTSQ』だ。記事は、「サイドチェンジで相手の守備を分散させた」などと香川のプレーを評価し、「ずば抜けたパフォーマンスを見せた」と伝えている。
 
 そんななか、この試合で出番がなかった選手をクローズアップするメディアもあった。周知の通り、パラグアイ戦は8日のスイス戦からスタメンを10人入れ替えて臨んだが、特に本田圭佑が出場しなかったことを取り上げる記事が多い。
 
『スポーツ・ソウル』は、「日本、パラグアイを破り6試合ぶりの勝利…プランBの可能性を発見」とした記事で、本田について「30代前半を迎え、パフォーマンスが落ちている」「代表チームでの影響力も微々たるもの」と紹介しながら、「日本は本田圭佑が抜けたほうがパフォーマンスが良かった」と報じた。

【画像】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナの最新厳選フォトをチェック!

 さらに、「日本はテンポの早い攻撃を追求しているが、本田にボールが渡ると展開が遅れるデメリットがある」と指摘し、「本田をはじめとしてベテランが欠場したなか、新しい形で良いパフォーマンスを見せたという点は、日本にとって追い風となる」と締めくくっている。
 

1/2ページ

最終更新:6/14(木) 8:40
SOCCER DIGEST Web