ここから本文です

まさか非核化費用のツケを日韓に回すとは!

6/13(水) 10:49配信

東洋経済オンライン

 米国のドナルド・トランプ大統領は、自分を「交渉の達人」と呼んでいるが、これからは北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を、こう呼ばなければならないだろう。

この記事の写真を見る

 6月12日の米朝首脳会談を思い切って圧縮して表現すれば、北朝鮮は非核化で一切妥協しなかったにもかかわらず、米国からは「安全の保証」を約束させたといえる。金正恩委員長の粘り勝ちだった。

 シンガポール会談では、韓国と日本にとっての「計算違い」も続々と表面化しており、両政府内では怒りや当惑が広がっている。

■米国は北朝鮮の安全を保証

 ここで会談後に発表された共同声明を、簡単におさらいしておこう。

 1、トランプ大統領は安全に関する保証を与えると北朝鮮に約束し、金委員長は朝鮮半島の完全な非核化に向けた断固とした揺るぎない決意を持っていることを再確認。

 1、米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望に沿った新たな米朝関係を構築していく。

 1、米朝は朝鮮半島における永続的かつ安定した平和体制の確立に向けて協力していく。

 1、米朝は、戦争捕虜・行方不明兵の遺体返還を進める。

 さらに、これらの合意を実現するため「早期にマイク・ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官による継続交渉を行う」とした。

 トランプ大統領は、来週にも米朝が接触すると記者会見の席上で明らかにしている。

 韓国にとって、今回の声明自体は、想定内のものだっただろう。全体的に4月27日に南北首脳会談で発表された「板門店宣言」を踏まえたものだからだ。表現もよく似ている。

 しかし、戸惑いが広がっているのは、トランプ大統領が記者会見で述べた言葉だ。

 毎年行われている米韓合同軍事演習について「費用がとてもかかる。その大半(の費用)をわれわれが負担している」と指摘した上で、「交渉中という状況の下で、軍事演習を行うのは、挑発的であり、不適切だと思う」と語ったのだ。明言はしなかったが、これは演習中止の可能性を示したものである。

■在韓米軍を撤退? 

 また、在韓米軍撤退もにおわせた。会見ではこう語った。

1/3ページ

東洋経済オンラインの前後の記事