ここから本文です

新潟県知事選・無党派層を見えていなかった野党連合 --- 高橋 大輔

6/14(木) 17:09配信

アゴラ

10日に投開票が行われた新潟県知事選挙は、自・公与党の推薦する花角英世候補が勝利する結果となりました。

私自身は選挙を制した花角候補、あと一歩届かなかった池田千賀子候補のどちらにご縁があるわけでもなく静観していましたが、結果を見て思うのは本稿のタイトル、この一言に尽きます。

もっとも私自身は現地に足を運んだわけでもなく、特定候補への思い入れというよりは支持を決めかねている無党派的な立ち位置で眺めていました。ともすれば情報弱者の部類かも知れません。

今回の当落を分けた要素を語れる立場ではありませんが、それでも幾つかの観点で比較を積み重ねていくと「これだったのかな」と思うところがあります。

両候補の資質はどうか?

当選した花角候補は元副知事、あと一歩及ばなかった池田候補は市役所勤務を経て柏崎市議(3期)、新潟県議(1期)と地方行政の第一線を経験したうえでの出馬。地方自治の経験値はどちらも遜色なかったと私は見ています。

政治的な争点はどうだったか?

当初は原発政策が争点として浮上しましたが、一方は反原発、もう一方は将来的な脱原発。明確な争点にはなり得なかったというのが私の感想です。

そもそも選挙のきっかけが現職知事の辞職によるものなので、現状の維持か、それとも否定かと政策の是非が問いにくい。それぞれ一定の支持層には訴えても、無党派層を揺り動かすものではなかったと見ています。

ネット上の発信はどうだったか?

そもそも無党派という存在は「ぜったい、この人に入れる」という強い思い入れがあるかというと、そこまではないでしょう。

自分から情報を取りに行く人はまずない。おのずと、流れてくる情報が自分にとって「ピンとくるかとうか」が関心の分かれ目になります。

そしてそれは、良し悪しではありません。むしろ好き嫌いに近い。
そうなると、どちらが好ましい発信を増やしていったかが流れを左右することになります。

あくまでも外野の肌感覚ですが、サポーターや勝手連の熱量は池田陣営の方が高かったと感じています。
もっとも両候補の本陣はというと、大きな差は感じられず、どちらもそれなりと私は感じました。

プロフィールもある、政策もある。SNSもツイッターにフェイスブック、Youtubeと、ひと通りは両陣営とも整っている。それでも、「候補者の本気」を感じさせるまでのコンテンツは、私のリテラシー不足ゆえか、どちらにも見つけられませんでした。

本来は候補者の分身であるべき発信の大半が「どうせ、係の人の発信でしょ」と思わせてしまう。
実に勿体ないことです。

中にはキラリと光る投稿も幾つかありましたが、「これ、他の人にも教えたい!」思わず衝き動かされるまでは至りませんでした。

1/2ページ

最終更新:6/14(木) 17:09
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム