ここから本文です

特殊能力を備えた「次世代の爆発物探知犬」の卵を、科学の力で見つけ出せ

6/14(木) 12:20配信

WIRED.jp

普通の爆発物探知犬には、自爆テロなどで使われる装着型の爆発物を探すのが難しい。そこで注目されているのが、人が通り過ぎたあとの空気のにおいだけで爆発物を探知できる特殊能力を備えた「ヴェイパー・ウェイク・ドッグ」だ。その素質を見つけ出すのは極めて難しいため、子犬の段階で科学的に素質を見極める研究が始まった。いったいどのような研究なのか。

数万人を数匹でチェックする特殊能力

厳重なセキュリティーが敷かれた広くて人混みが激しい場所で、仕事をしている爆発物探知犬を目にしたことがあるかもしれない。

イヌは密輸品や爆発物の捜索に長らく携わってきた。しかし、攻撃者たちが装着型の爆発物をつくる技術を発展させたため、警察側もまた進化することを求められている。つまり、新しい種類のの探知犬「ヴェイパー・ウェイク・ドッグ(Vapor wake dog)」たちの力を借りるのだ。

数万人を数匹でチェックする特殊能力

ヴェイパー・ウェイク・ドッグは、人が通り過ぎた際の空気のにおいを嗅ぐことで、犯人が身に着けた爆発物のわずかなにおいを探知する。数万人をチェックするのに必要なイヌの数は、たったの数匹だ。

こうしたイヌたちは、米国の鉄道「アムトラック」やニューヨーク市警察、メイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレードなどで、すでに活躍している。ちなみに、犬種はラブラドールであることが多い。

ヴェイパー・ウェイク・ドッグには非常に専門的な能力が求められる。このためイヌたちは、幼いときから2年間の集中的な訓練を受けなくてはならない。

では、ヴェイパー・ウェイク・ドッグとしての素質を、行動や神経学的な指標をもとに子犬のうちから見極めることはできるだろうか? これが、オーバーン大学の行動学者たちの問いだった。同大学はヴェイパー・ウェイクの訓練方法が編み出された場所である。

そこで同大学では、可愛い子犬たちをfMRI(磁気共鳴機能画像法)装置に入れている。そう、世界を救うためにだ。

差は生後数カ月で現れる

「将来ヴェイパー・ウェイク・ドッグになる最高の能力をもったイヌは、生後6カ月、早ければ3カ月でほかの犬との違いが現れてきます」とジェフリー・カッツは言う。カッツはオーバーン大学の認知行動学者で、ヴェイパー・ウェイク・ドッグの子犬についての研究を率いている。

「成功を予測するための指標をいくつか発見し始めたところです。最近では、異なる時点で行う認知テストでいくつか指標を発見しました。この認知テストには運動能力やソーシャルスキルなど、さまざまな分野に関するテストが含まれています。イヌ用の一連の知能検査だと考えてください」

1/3ページ

最終更新:6/14(木) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」