ここから本文です

TBS日曜劇場『下町ロケット』の続編が10月から放送開始

6/14(木) 11:00配信

SmartFLASH

「2015年の年間視聴率1位に輝いた日曜劇場『下町ロケット』の続編が、今年10月から放送される。すでに撮影準備は進められており、まもなく局が制作を発表する」(TBS関係者)

 阿部寛(53)主演の人気ドラマが3年ぶりに帰ってくる。
 下町の町工場「佃製作所」の社長・佃航平が、社員たちとともに「ロケットを飛ばす」ために奮闘した物語は、池井戸潤の同名小説が原作だ。そのドラマ第2弾がついに動き出した。

「第1弾制作時には、第6話以降の原作となる『下町ロケット2』を池井戸氏が20日間で書き下ろし、放送と同時に新聞連載した。今回は全編が書き下ろし。その原作の出版が、まず発表された」(同前)

 7月20日に発売される『下町ロケットゴースト』が、ドラマ第2弾の原作となる。

 TBSの人気ドラマ枠「日曜劇場」と池井戸作品のタッグは、『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『陸王』など実績は十分。熱い男たちの戦いが、日曜の夜に繰り広げられるのだ。この秋、日曜の夜は『下町ロケット』で決まり!

最終更新:6/14(木) 13:56
SmartFLASH