ここから本文です

スペインの名将が、乾&香川に賛辞。「W杯でもサプライズとなりうる」

6/14(木) 17:51配信

webスポルティーバ

「攻撃から守備に移る際のトランジションには改善の余地がある。日本はしばしば攻めに強迫観念が見られ、守備が疎(おろそ)かになっていた。そこは注意点だろう。しかし攻撃に関するスピード、テクニックのコンビネーションはレベルが高く、W杯でも十分にサプライズとなりうる」

【写真】スペイン知将が西野ジャパンをほめる。どこに「かすかな光」が見えたのか

 日本代表のパラグアイ戦をスカウティングしたミケル・エチャリは、課題を指摘しつつも、最大級の賛辞を送っている。

 スペインの”千里眼”エチャリは、90年代にはエイバルを率い、「いい守備がいい攻撃を作る」という堅実な戦い方で成功を収めている。当時はセミプロに近い選手たちだったにもかかわらず、選手のよさを十分に引き出した。「戦えるチーム」というと抽象的だが、それをロジカルに作り上げる手腕を持っている。

 そのエチャリがコロンビアとの前哨戦、パラグアイ戦を検証した。

「日本はこれまでとはガラリとメンバーを変えている。テストの色が濃厚だった。もっとも、プレーコンセプトとしてはスイス戦と変わっていない。ボールをできるだけ繋げる、そういう意思をキックオフから示している。

 パラグアイは4-1-4-1で中盤を固め、慎重な守備的布陣だった。アンカーに入ったリカルド・オルティスは左利きで、他のパラグアイ選手と同じようにスピードはないが、フィジカルが強く、中心になっていた。基本的にはブロックを作って誘い込み、カウンターを仕掛ける戦いで、セットプレーのパターンも選手の配置がよく、成熟を感じさせた。

 日本は守備からスタートするパラグアイを相手に、イニシアチブを握っている。コンビネーションを使い、深さのある攻撃を仕掛けた。ただ、スピードが上がり切らず、崩し切れない。

 そこで気になったのが、攻撃から守備への切り替えの遅さである。長谷部誠がいれば、そこまで目立たなかったのかもしれない。しかし、この日、先発した柴崎岳と山口蛍は守備面で物足りなさがあった。

 柴崎の攻撃的なセンスはすばらしく、周囲と連係して決定的な仕事ができる。一方で、出場した試合のほとんどの失点シーンには、その前後に彼の影があって、守備の強度に問題を抱えている。山口のポテンシャルについては間違いなく、ロンドン五輪前から注目してきた。周囲をカバーし、チーム全体を動かす役割を、昨年のベルギー戦はできていた。しかし、パラグアイ戦では危なっかしかった」

 前半32分。パラグアイは右タッチラインのスローインからペナルティエリアにボールを入れる。日本はこれをクリアし切れず、こぼれ球を拾われ、オスカル・ロメロに先制点を叩き込まれた。

「まず、エリア内の球際の争いで、柴崎のファイトは不十分だった。また、バウンドしたボールに対し、昌子源も寄せが甘い。そして東口順昭も反応できたはずのレベルのシュートだった。もっとも、GKは密集したディフェンスのせいで、球の軌道が見えなかったのだろう。

 この失点の問題は、守備強度の低さもあるが、それだけではない。後ろに人がいるだけで、ポジション的な優位を失い、むしろ不利になってしまっていた点にある。日本は2失点目でも同じようなミスを犯している」

 エチャリの洞察力は日本のミスを見逃さなかった。先制点は失った日本だが、後半に入ると、乾貴士が2得点を決めて逆転に成功する。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)