ここから本文です

『半分、青い。』第65話では、ボクテ(志尊淳)が鈴愛(永野芽郁)にストーリーの使用を懇願する

6/14(木) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』。6月15日放送の第65話では、ボクテ(志尊淳)が鈴愛(永野芽郁)に漫画のストーリーの使用を懇願する。

鈴愛(永野芽郁)に指導する秋風(豊川悦司)【場面写真】

 ボクテが鈴愛に心の内を打ち明けた第64話。第65話では、ユーコ(清野菜名)のデビュー以来、ボクテの様子がおかしくなる。ユーコは、そんなボクテの変化に気づき声をかけるが、ボクテには届かない。ある日、ボクテは鈴愛に『神様のメモ』のストーリーを使わせて欲しいとお願いする。ボクテの切実な様子に戸惑いながらも首を縦に振る鈴愛。後日、鈴愛の部屋の扉が叩かれる。寝ぼけながらに扉を開けると慌てる菱本(井川遥)から、ボクテがいなくなったと告げられる。

 岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、1970年代から現代までを駆け抜け、やがて“一大発明”をなしとげるまでの半世紀におよぶ物語。主演の永野芽郁のをはじめ、佐藤健、豊川悦司、井川遥、清野菜名、志尊淳、中村倫也、古畑星夏、松雪泰子、滝藤賢一、原田知世、谷原章介、中村雅俊らがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/14(木) 8:20
リアルサウンド