ここから本文です

大島僚太に「自分の全てを教えた」憲剛流ゲームコントロールの極意。

6/14(木) 7:01配信

Number Web

 「自分の全てを教えたよ。全部を叩き込んだつもり」

 日本代表の壮行試合となったガーナ戦を終えたタイミングの頃だ。W杯ロシア大会に臨む日本代表・大島僚太について、中村憲剛がそんな風に話している。そして、本大会へのエールをこう続けた。

 「リョウタがやってくれることが国内組の評価にもつながる。もしやれなかったら、『Jリーグだから』と言われるかもしれない。でもガーナ戦を見た限りでは中心になってやれる。『自信を持ってやれ』と言いましたよ」

 手塩にかけて育てた大島が世界の舞台で躍動する姿を、心待ちにしているようだった。

川崎に憲剛がいるとは知らなかった。

 大島僚太が川崎フロンターレに入団したのは、2011年のことだ。

 静岡学園高校3年生のとき、夏の大会でフロンターレのスカウトだった向島建の目に止まり、秋の練習参加を経て急遽内定となった。決まっていた大学進学を取り消し、異例の「滑り込み」で入団が決定したことは、いまだ有名なエピソードとなっている。

 高校時代は、熱心にテレビ観戦をするタイプではなかった。高3時に開催された2010年の南アフリカW杯も、時差があった関係で試合をしっかりと見た記憶がないという。Jリーグの事情にも疎く、川崎に練習参加が決まった際も、思い浮かぶ選手といえばジュニーニョぐらい。

 日本代表である中村憲剛や稲本潤一の存在は知っていたものの、彼らが川崎に所属していたことを把握しておらず、練習参加前に同級生から言われて、「そうなんだ」と気づいたほどだった。

 ただ先入観がないゆえに、フラットな眼を持っていたとも言える。

 「だって、まわりがいくら『すごい! 』と言っていても、実際にはそうではなかったりすることってあるじゃないですか」と笑っていたのを覚えている。周囲の評価や名前ありきで、実力を評価したりもしない。あくまでピッチに立った自分の肌感覚を大事にしているのは、現在と変わっていないところだ。

1/4ページ

最終更新:6/14(木) 7:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

954・955・956号
6月14日発売

特別定価600円(税込)

日本代表、未来を懸けて。

【独占インタビュー】 西野朗「新たなページをめくるために」
【エースインタビュー】 ファルカオ/マネ/レバンドフスキ