ここから本文です

【初代スイフトスポーツ・オーナートーク】専用ボディ&内装がうらやましい初代。快音を響かせ小気味よい走りを披露します

6/18(月) 17:01配信

clicccar

新車発表からそろそろ1年が経過しますが、納車待ちはいぜんとして数ヶ月という人気の現行スイフトスポーツ。

レカロも装備の初代スイフト画像をもっと見る

今や完全にメジャーなスポーツカーとなった同車ですが、その源流は2003年のHSA81S型スイフトスポーツにあります。

そこで今回は先日車山高原にて開催された世界最大のスイフト・オーナーズミーティング『SOMT2018』に参加していた初代スイフトスポーツオーナーに、その魅力についてお話を伺いました。

登場してくれるのは「中い」さん。大学で自動車部に所属して各種競技にも参加しているアクティブなオーナーさんです。

── 初代スイフトスポーツの特徴を教えてください。

「HT51S型スイフトという5ドアハッチバック車だけのラインアップにに追加設定されたのがスイフトスポーツです。これは専用の3ドアボディに前後ブリスターフェンダーを備えて登場しました。バンパーもエアロスタイルです」

── 内装の特徴はなんでしょう?

「実は私は個人的には趣味が合わないのですが(笑)、メーターやエアコン操作パネル周辺にカーボン風処理がされています。またレカロシートも標準装備です」

── レカロ標準はありがたいですね。エンジンは?

「当時のエリオやクルーズに搭載の1.5Lをベースにチューンされたものです。ホンダのVTEC系と比較してしまうとそうでもないのですが、当時としては高回転志向で、トルクもあるエンジンですよ」

── ミッションはどうでしょう?

「ミッションは5MTのみでした。これ、クロスしていて峠では2~4速のつながりがよくて楽しいですよ」

── 実際の走りはどうですか?

「ボディ剛性がまったくのゴ……いや、あまりなくてですね(笑)、そこを最初に手を入れてやる必要があります。タワーバーやピラーバーを入れたり。また可能であればドア開口部のスポット増しを。あとは車高調を組んでやれば、エンジンはフルノーマルでも快活に走りますよ」

このあと、実際に同乗走行しました。するとエンジンからの甲高い快音にびっくり。聞けばノーマル状態でこの音らしいです。

さらにミッションはまるで競技車のようにクロスしています。このため小気味いい加減速が楽しめていることが伝わってきました。

初代は登場から15年が経過しています。しかし運転の面白さは現行にもまったくひけをとらないものでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

最終更新:6/18(月) 17:01
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ