ここから本文です

相次ぐ新技術の発表で、「未来のPC」の姿が見えてきた

6/18(月) 12:20配信

WIRED.jp

最近のパソコン(PC)には、“ワクワク感”がなくなってきた。確かに価格はどんどん安くなっているし、動作速度もちょっとは速くなっている。だが、超高性能チップが次々と発表されているわりには、現実と可能な未来との間に広がる溝は依然として大きい。

アップルが描く「インテルなき未来」

6月上旬に台湾で開かれたコンピューター見本市「COMPUTEX TAIPEI 2018」では、そのギャップを埋めるような製品が次々に登場した。スマートフォンの部品で動作するPC。本当に24時間連続で稼働するデヴァイス。32コアの怪物プロセッサーや、7nmプロセスでつくられた初めてのGPU。5Gへの常時接続を実現したノートPC──。

これらは、COMPUTEXで見かけたガジェットを支えるイノヴェイションの一部だ。またPCではないが、エイスース(ASUS)のゲーム特化型スマートフォン「ROG Phone」には、背面装着型の空冷ユニットが付いている(スマホに空冷ユニットとは恐れ入った)。

もちろん、すべてが明日にでも消費者向けデヴァイスとして市販されるわけではないし、PCを使っている人の大多数がこうした技術を必要としているわけでもない。しかし、夢見た未来が実現するのを待ちくたびれているのなら、とうとう早送りモードに入ったと見て間違いないだろう。

性能と使用可能時間を両立させたクアルコム

まずは間近に起こりそうなところから話を進めていこう。

クアルコムは長年にわたり、「iPhone」以外のモバイル・システムオンチップ(SoC)で王座を占めてきた。ところが昨年12月には「Windows」向けのチップセットを発表している。

これはグーグルの「Chrome OS」を採用した「Chromebook」が割り込んできたことで、さらに加速したさまざまな技術の融合を踏まえた動きだ。最低限クリアしなければならないのは、ラップトップ並みの処理能力、十分なバッテリー寿命、そしてスマートフォン並みのネットワーク接続性ということになる。

こうして最初に誕生したのが「Snapdragon 835」プロセッサーである。サムスンの「Galaxy S8」といった最高レヴェルのスマートフォンに採用されている。

その後継として発表された「Snapdragon 850」は、ノートPC向けのチップだ。瞬間起動、常時接続、1週間のバッテリー駆動時間を実現した「Always Connected PC」というカテゴリーに属する一連のノートPCに使われる。

これを使って動画編集をする気にはまだならないだろうし、人気ゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」をやるメリットもないだろう。だが、Snapdragonシリーズでは新製品が発表されるたびに何か変革が起きている。850は「835」と比べて、システム全体のパフォーマンスは30パーセント向上した。人工知能(AI)の性能は3倍になり、連続使用時間は最大25時間だ。

ただし、バッテリーの駆動時間に関しては、メーカーの言葉を鵜呑みにすべきではない。それでも、850は「Windows 10」に最適化されており、求められていた“究極”のマシンが今年にも実現する可能性はある。つまり、本当に羽のように軽く、常にネットにつながっていて、必要な時はいつでもどこでも使えるラップトップだ。

調査会社ムーア・インサイト&ストラテジーの最高経営責任者(CEO)であるパトリック・ムーアヘッドは、次のように語る。「これは大きなニュースです。未来のラップトップは常にネットに接続されていて、バッテリーを消耗するようなことに使ったとしても、充電なしで文字通り1日中起動したままでいられるのです」

1/4ページ

最終更新:6/18(月) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」

あわせて読みたい