ここから本文です

大阪地震、「鉄道情報」は万全ではなかった

6/18(月) 19:30配信

東洋経済オンライン

 6月18日午前7時58分頃、大阪府北部で震度6弱を観測する強い地震が発生した。この地震で関西の鉄道網は全線ストップするという、1995年の阪神淡路大震災以来の状況に陥った。

この記事の写真を見る

 関西在住の筆者は1995年の阪神淡路大震災を経験している。そのときとまったく違うのは、インターネットの発達により、鉄道運行情報がより容易に入手できることだ。阪神淡路大震災のときは、駅に出向かないと情報を得ることができなかった。しかし現在は、鉄道会社のホームページやツイッターなどで情報収集が可能だ。

 では、今回、こうした鉄道運行情報は的確に市民に届いたのだろうか。

■ツイッターが役立った大阪北部地震 

 地震が起きたとき、筆者は神戸市東灘区の自宅にいた。幸い何も被害はなかったが、その強い揺れに1995年の阪神淡路大震災の恐怖を思い出した。自宅や周囲の安全を確認した後、すぐにラジオを付けた。ラジオでは阪神淡路大震災と同じく地震が発生したことを知らせ、各地の震度を連呼していた。しかし、しばらく経っても関西の鉄道運行情報への言及はなかった。

 そこで、運行情報を把握するべく、鉄道会社の公式サイトへのアクセスを試みた。しかし、多くの人がアクセスしているせいか、なかなか運行情報のページにたどりつけない鉄道会社もあった。

 次にツイッターでの情報収集を試みた。ツイッターの検索欄に「大阪 地震」といったキーワードを打ち込むと、すぐに関西の鉄道に関するツイートが現れた。各社の運行情報を知らせるツイートもあれば、駅の被害状況を撮影した写真がアップされたりもしていた。結局、鉄道会社ではなく、ツイッターを通じて、地元の路線が運転を見合わせていることを知った。

 その後、鉄道会社の公式ホームページにアクセスでき、各線の運行情報を再確認。阪神淡路大震災と比べ、情報収集の手段が大きく変わったことを改めて感じた瞬間だった。

 阪神淡路大震災のとき、地元の路線は震災により甚大な被害を受け、数カ月間に渡って運転見合わせの状態が続いた。当時、運行情報を知る手段は駅に貼られていた「お知らせ」を見ることだった。「お知らせ」には路線の運行情報だけでなく、代行輸送に関する情報も詳細に記載されていたように記憶している。

1/2ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい