ここから本文です

ポグバの得点は豪州DFオウンゴールに変更。フランス初戦の決勝点【ロシアW杯】

6/18(月) 11:41配信

フットボールチャンネル

 フランス代表のMFポール・ポグバがロシアワールドカップ初戦のオーストラリア戦で記録した決勝ゴールは、オーストラリアのDFアジズ・ベヒッチによるオウンゴールに記録が訂正された。

【2018年ロシアW杯】グループリーグ日程

 フランスとオーストラリアは現地時間16日に行われたグループリーグC組第1節の試合で対戦。両チームがPKで1点ずつを取り合ったあと、81分にフランスが決勝点となる2-1のゴールを奪った。

 浮き玉パスを受けてペナルティーエリア内に侵入したポグバのシュートはGKの頭上を越え、クロスバーを叩いてピッチ上にバウンド。ゴールネットには届かなかったがボールはゴールラインを完全に越えており、得点が認められた。

 しかし、シュートの場面では止めに入ったベヒッチにボールが当たってコースが変わっていたようだった。オーストラリアのベルト・ファン・マルワイク監督は「ラッキーゴール」と不満を述べ、ポグバ自身も「DFに助けられた」と認めていた。

 国際サッカー連盟(FIFA)の記録では、当初はポグバによる得点だとされていた。だがその後、ベヒッチのオウンゴールに記録が訂正されている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)