ここから本文です

意外な“神7”に! 文春版「オールタイム・ベストAKB」結果発表

6/19(火) 19:00配信

文春オンライン

 6月16日(土)に行われた「AKB48世界選抜総選挙」にあわせて実施されたアンケート企画「オールタイム・ベストAKB総選挙」。現役から卒業生までAKBグループに在籍したすべてのメンバーの中から“真のセンター”を決めてしまおうというこの企画に、文春メルマガ読者から約2000票が投じられた。

【ランキング】「オールタイム選抜メンバー」意外な“神7”

 圧倒的大差で1位に輝いたのは、総選挙2年連続不出馬の山本彩(24)。「アイドルとアーティストを両方やりながらも両方曖昧にしないスーパーウーマン」(18・女性)、「歌唱力やダンスはアイドルとしてトップの実力。ギター演奏や作詞作曲までこなす努力と才能」(46・男性)など、ソロライブも行うシンガーソングライターとしての実力を評価する声が多数。

 2位はAKB黄金期にグループを牽引してきた大島優子(29)。「ビジュアル、スタイル、愛嬌、運動神経共にパーフェクト。前田敦子さんとの名勝負は忘れられません」(35・男性)

 3位は“塩対応”が代名詞だった島崎遥香(24)。「『永遠プレッシャー』の頃に初めて見て、AKBにもこんな可愛い子がいたのかと心を奪われました」(28・男性)

 4位には第1回総選挙女王の前田敦子(26)。「AKB48が一番流行ってたと思う時のセンター、つまり前田敦子のおかげで流行ったと言っても過言ではない」(23・男性)

 5位には昨年末卒業した渡辺麻友(24)。「まさにザ・アイドル。楽曲を歌って踊っている時の輝きはアイドルそのもの」(39・男性)

 6位には“次世代エース”の呼び声も高い現役メンバー・太田夢莉(18)がランクイン。「“1万年に1人の美女”と言われるだけあって、これまでのAKBグループ随一の美人だと思う」(59・男性)

 最後に神7に滑り込んだのは、総選挙で通算4度女王に輝いている指原莉乃(25)。「バラエティタレントとして他のAKBメンバーより何倍も突出している」(33・女性)

 8位以下も含めた「オールタイム選抜メンバー」16人は以下の結果となった。

 週刊文春デジタルで「オールタイム・ベストAKB」アンケート全回答を公開しています。

《前編》 http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1590203

《後編》 http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1592080

「週刊文春」編集部

最終更新:7/13(金) 17:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)