ここから本文です

噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

6/19(火) 18:08配信

ニューズウィーク日本版

5月に噴火が始まったハワイ島のキラウエア火山は、大きな被害を出しているが、そんな中、上空から突然降り注いだ意外な「恵み」が地元住民を驚かせている

米ハワイ島のキラウエア火山では、2018年5月3日に噴火が始まって以来、40日以上にわたって活発化している。一連の火山活動によって、これまでに600棟以上の家屋が破壊され、周辺地域では火山灰が降り積もり、有毒ガスの噴出や巨大な噴石の飛散のおそれがたびたび警告されるなど、住民の日常生活をも脅かしている。

そのほかの画像と動画はこちら

■ 空からオリビン(かんらん石)が降って来た

このように深刻な状況が続くなか、上空から突然降り注いだ意外な“恵み”が地元住民を驚かせ、世界中で話題を集めている。

この“恵み”の正体は、オリビン(かんらん石)だ。その名が示すとおり、オリーブの実に似た緑色をなし、マグネシウム、鉄、ケイ素、酸素で構成され、火成岩の主要造岩鉱物のひとつとしても知られている。とりわけ、美しい緑色のものはペリドットと呼ばれ、宝石として珍重されている。

米アリゾナ州ツーソンのローカル局で気象予報士を務めるエリン・ジョーダンさんは、キラウエア火山からの溶岩流の影響を受けた地域で暮らす友人からの近況として、地面に散らばり、美しい緑色に輝く石の画像をツイッターに投稿した。「これは文字通り“宝石の雨”。自然には本当に驚かされます。」とその感想を綴っている。

同様の現象は、地球科学教育の普及に取り組む米国の教育機関「ジオetc」のツイッターアカウントでも報告された。

これらの鉱物は、最近のキラウエア火山での噴火の猛威によって、マグマが空気中に高く噴出し、マグネシウムと鉄、ケイ素が高温で結晶化して、地面に到達する前にオリビンとして晶出されたものとみられている。つまり、熱い溶岩が空に上がり、ペリドットの“雨あられ”として地上に降ってきたというわけだ。

■ 噴火活動に収束のめどは立っていない

あいにく、キラウエア火山の噴火活動に収束のめどは立っておらず、いまだに溶岩流によって孤立した住居や農地があるほか、火山灰や高濃度の二酸化硫黄によって立ち入り禁止となっている区域もあるという。

2018年6月13日には、ハワイ州のデービッド・イゲ知事がこの甚大な自然災害によって家や仕事を失った被災者へのあらゆる支援を連邦政府に要請するなど、被災者に向けた支援活動も本格化してきた。まずは、地域住民が安心に過ごすことのできる日常を早期に取り戻すことを願いたい。

松岡由希子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-7・24号
7/18発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。