ここから本文です

韓国の英雄アン・ジョンファン氏、VARによるPK判定に激怒「審判がゴールの半分を決めた」【ロシアW杯】

6/19(火) 1:14配信

フットボールチャンネル

【スウェーデン 1-0 韓国 ロシアワールドカップ・グループリーグ F組第1節】

 ロシアワールドカップのグループリーグ初戦が18日に行われ、グループFの韓国代表はスウェーデン代表に0-1で敗れた。

<大会4日目>今日の美女サポーターたち【ロシアW杯】

 試合を決定づけたのは、またしてもビデオアシスタントレフェリー(VAR)だった。後半、キム・ミヌのペナルティエリア内でのファウルを見逃さず、主審はVARの助言を受けてスウェーデンにPKを与えた。そして、そのPKが決勝点となった。

 この判定に韓国代表のレジェンドがご立腹のようだ。韓国の『MBC』でスウェーデン戦の解説を務めた同国代表OBのアン・ジョンファン氏は試合終了直後、「これで終わり。審判を責めたくはないが、審判がゴールの半分を決めたようなものだ。彼がなぜあのような決定を下したのか聞いてみたい」と怒りをあらわにした。

 今大会はVARによるPK判定が毎日のように生まれている。韓国のレジェンドストライカー、アン・ジョンファン氏は人間味が失われるビデオによる判定のサポートに疑問を持っているのかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ