ここから本文です

紀州のドン・ファン怪死 和歌山県警が追う覚せい剤調達した「第3の人物」とは? 野崎氏会社を捜索〈週刊朝日〉

6/20(水) 9:30配信

AERA dot.

 紀州のドン・ファンこと、野崎幸助氏(77)の怪死から、約1か月が経過しようとする中、6月20日早朝、大きな展開があった。
 和歌山県警が野崎氏の経営していた貸金業と酒販売を営む会社「A」(同田辺市)の家宅捜査を開始したのだ。

【写真】在りし日の野崎幸助さんと妻 

 

 
 20日午前8時から周囲の道路を完全封鎖して、捜査車両が続々と到着。ものものしい雰囲気に周囲は包まれた。
 会社Aの従業員が興奮気味にこう語る。

「急に警察がきて、驚きました。これまで社長の自宅ばかりだったので、会社は捜索がなかった。すごい数の警官が会社に入ってきていて、えらいことになっている」

 先週から今週にかけて、従業員たちに和歌山県警は断続的に事情聴取していた。その中で、和歌山県警は新たな「第3の人物」の関与を捜査し始めたようだ。

「野崎さんの事件、急性覚せい剤中毒死とあって、誰かが薬を調達して、実行犯に渡したとみられる。第3者の関与の捜査も視野に入れて会社Aの捜査になった。野崎さんは、貸金業をやっていたので、これまでつながりがある人脈がことのほか広い」(捜査関係者)

 最近、和歌山県警から事情聴取を受けた従業員はこう話す。

「警察は覚せい剤に接点がある人物を必死で探している。社長が過去に関係があった人を片っ端から調べている。従業員の携帯も徹底的に調べられ、2度目の事情聴取では、怪しいと見られるような電話番号、メールはすごく細かに説明を求められている。従業員みんな、3~4時間は事情聴取をされている。社長と過去に結婚の約束をし、荷物まで送ってきた女性の荷物から注射器が見つかったので、その女性はかなり長い間、話を聞かれたそうだ。会社Aの捜索で社長に関係した人をさらに調べるようです。それにしても、すごく大掛かりでビックリした」

「バイキング」(フジテレビ)のMC・坂上忍に「事故死、自殺、他殺なのか。個人的にどう思っていますか」と問われた、渦中の野崎氏の妻(22)はこう語っていた。

「自殺はなくはないと思う。ただ、他殺と考えるなら社長は結構、恨みを買っている。過去に刺されたりとか金融業関係でもめたりもしていた。そして家に誰でも出入りできる。私がいない時、社長の他の女の人が何人も出入りしていた」

 和歌山県警から事情聴取を受けた会社Aの従業員はこう話す。

「従業員らの事情聴取はこれまで朝、田辺署に集められて、午後7時くらいまでミッチリやりました。尿検査、髪の毛の採取もありました。細かく聞かれたのは、社長の行動と食べ物の好み、印象的だった出来事などです。私が印象的だったと話したのは、愛犬イブちゃんの怪死とインドネシアからの謎の小包が届いたことなどでした」

 インドネシアから小包が届いたのは、4月だったという。小包は20センチぐらいで中に何が入っていたかはわからず、野崎氏の妻名義で届いたという。

「うちは社長宅に郵便がきても、すべて会社に配達されます。奥様のものだったので、連絡するとすぐに駆けつけて小包を受け取られた。和歌山県警の方が来て会社の防犯カメラ映像でその日の映像を押収していきました」(同前)

 果たして事件は今後、どのように展開するのか。(本誌取材班)
※週刊朝日 オンライン限定

最終更新:6/20(水) 12:06
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!