ここから本文です

嫌いな人を真似してしまえば人生が好転する

6/20(水) 18:07配信

PHP Online 衆知

<<これまでがんばってきた、我慢してきた、人に頼らずやってきたのに、なぜか人生が好転しない……。

そう思っているのなら、自分を変えるために「あなたが嫌いな人」を真似るべきだ――そう話すのは、昨年の10周年講演会ツアーを書籍化したものが話題でいる、心理カウンセラーとして絶大な人気を誇る心屋仁之助氏だ。

嫌いな人を目指すというのは一体どういう意味か、自分を自由にする「魔法のフレーズ」と共に、心屋氏が解説する。>>

わがままに生きるススメ

私はしばしば現代人の多くががんばりすぎているという話をします。

「がんばること」が素晴らしい。
「我慢すること」が素晴らしい。
「私がやること」が素晴らしい。

これらの信念を持っている人は、背負うものが大きすぎて、身動きがとれなくなっている状態になっているかもしれません。

実はこれが、人生の大逆転を阻んでいる理由なのです。

これをひっくり返して、がんばらず、我慢せず、私がやらずに人に任せるということは、「わがままになる」ということです。この「わがままになる」ことが、人生を大逆転させるためには必要なことです。これは、ある意味「嫌われる勇気」です。

私がこのように伝えると「みんながわがままばかり言っていたら、世の中むちゃくちゃになる」と言う人がいます。

でも、その心配はありません。なぜなら、この記事が気にかかりクリックをしてくれて、これを読んでくれている人のほとんどは、基本的に「いい人」だからです。

一生懸命がんばって、自分が我慢してすむなら我慢して、人に迷惑をかけないように全部自分でやることが素晴らしいと考えている、いい人なんです。乱暴を働くとか、人に思い切り迷惑をかけるような酷い人はいません。

そういう人が、今日から勇気を出して「よし、わがままに生きよう」「人に迷惑をかけて、好きなことをやっていくんだ」と思ったとしましょう。

そういう人が、人にかける迷惑は「ネコパンチ」みたいなもの。誰にもダメージは与えない、かわいいもんです。

だから、安心して、もっとわがままになって、もっとネコパンチしてほしいんです。

1/2ページ

最終更新:6/20(水) 18:07
PHP Online 衆知

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネジメント誌「衆知」

PHP研究所

2018年7-8月号
2018年6月27日発売

定価1080円(税込)

衆知を集めて経営・人生の王道を歩むために。「衆知」は、雑誌×オンラインで、ビジネスリーダーを応援しています。