ここから本文です

【釜本邦茂】あそこまでコロンビアを追い詰めたのに1点差… 勝ったからこそ苦言を呈したい!

6/20(水) 5:36配信

SOCCER DIGEST Web

日本はラッキーだったことを忘れてはいけない

ワールドカップの初戦、コロンビア戦は大迫の勝ち越しヘッドが決勝点となって、2対1と勝利を収めた。まあ、本当に運が味方した勝利だったけど、勝点3を掴めたことはなにより大きかったね。

【PHOTO】ロシアW杯を彩る華やかな美女サポーターたち

 日本は開始3分で相手のハンドで得たPKを香川が確実に決めて先制したけど、ここで相手が退場になったのは日本にとってはラッキー、コロンビアにとってはアンラッキーだった。故意に止めたようには見えなかったから、一発レッドというのはちょっと厳しい判定に見えた。

 この序盤で日本が得た数的優位が、最終的に試合の結果を左右することになるわけだけど、それでもコロンビアの個の力は十分に感じられた。やはり少しでもスペースを空けて前向きにしてしまうと、破壊力のある攻撃を仕掛けてくる。結局は絶対的な枚数が足りないために、ゴールを奪い切るところまではいかなかったものの、何度も危ないシーンを作られていたし、結局同点にされたFKにつながる長谷部のファウルも、球際の競り合いの駆け引きでファルカオが上だったと言うしかない。

 そうしたなかで、日本は勝負強く2ゴールを挙げて勝利をもぎ取ったが、勝ったからこそ、この日の試合に関しては苦言を呈したいとも思っている。もちろん、どんな勝ちでも勝ちは勝ちだし、勝点3を獲った事実は変わらない。その点は選手たちを讃えたい。
 
 ただ、この先グループリーグ突破を争うなかで得失点差の勝負になった場合、たくさんのチャンスがあったなかで2点だけにとどまったのはちょっと不安なところだよ。決勝点を決めた大迫にしても、後半だけでゴールシーンのほかにも幾つかの決定機があったし、乾や酒井宏樹にもチャンスがあった。

 今となっては、贅沢な注文なのかもしれないけど、コロンビアが10人になって、後半半ばには完全に足が止まった状態になるまで追い詰めた。この願ってもない状況をより最大限に活かしてほしかったね。“決定力”というのは、やはり日本にとって永遠の課題なんだなと思い知らされた気がするよ。

1/3ページ

最終更新:6/20(水) 15:34
SOCCER DIGEST Web