ここから本文です

コロンビアの主砲ファルカオ、“試合巧者”西野ジャパンを称賛! 「日本はどうしたら勝てるかを知っていた」

6/20(水) 6:31配信

SOCCER DIGEST Web

敗北に肩を落とすも視線は次のポーランド戦へ「勝つか、負けるかだ」

[ロシアW杯グループH] 日本2-1コロンビア/6月19日/モルドビア・アレーナ(サランスク)

【PHOTO】現地直送! ロシアW杯を彩る「美しすぎる」世界のサポーターたち

 自身のキャリア初となる夢舞台に臨んだコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、日本代表との接戦を落としたことを悔やんだ。

 試合前の国歌斉唱時には高ぶる感情を抑えきれずに涙したファルカオは、この試合で気迫のこもったプレーを見せる。

 チームが開始早々の3分にカルロス・サンチェスがハンドによって退場し、同時にPKを献上。それを香川真司に決められる苦しい展開となるなかで、ファルカオは身体を張ってボールをキープしてはフリースペースを生み出してチャンスを演出。そして37分には長谷部誠に身体をぶつけてファウルをもぎ取り、ファン・フェルナンド・キンテーロの直接FKによる同点弾を呼び込んだ。
 

 結局、数的不利となったことが仇となって時間の経過とともに運動量が落ちたコロンビアは敗戦。力強く、そして狡猾でもあったプレーの数々で決定機を創出したファルカオは、「僕たちは全力を尽くした。でも…」と黒星スタートの主因となったC・サンチェスの“スピード退場”を嘆いた。

「試合は開始3分で全てが難しくなったね。前半は僕らもいくつかのチャンスをつくって悪くはなかったけど、後半に入って日本はとても冷静に戦ってきた。彼らは勝つためにどうすべきかを知っていた。チームはあらゆる手を尽くしたけど、日本が勝利をさらっていたんだよ。前を向くしかない」

 敗北に肩を落とした“エル・ティグレ(ファルカオの愛称。虎の意)”だが、気落ちしている余裕はない。4日後にはポーランドとの大一番がやってくる。東欧の雄も19日に行なわれたグループリーグ初戦でセネガルに1-2と敗戦している。そのため、ともに負ければ、決勝トーナメント進出が絶望的となる一戦だ。

 早くも訪れた生き残りを懸けたサバイバルマッチに向けてファルカオは、並々ならぬ闘志を滾らせた。

「悲しい結果だけど、僕はこの逆境を誰もが望む結果に変えられると信じている。僕らには2つのエンディングしか残されていない。勝つか、負けるかだ。チームが更なる高みへ前進するための良い機会だ。やるしかない」

 次戦へ向けて強い気持ちを示した32歳のベテランFWファルカオ。その想いは結果に繋がるのだろうか。ポーランドとの決戦の行方から目が離せない。
 

最終更新:6/20(水) 10:41
SOCCER DIGEST Web