ここから本文です

「これは奇跡の勝利などではない!」英誌・熟練記者が強豪撃破の西野ジャパンをベタ褒め!

6/20(水) 19:21配信

SOCCER DIGEST Web

先入観は拭えない。どこかに疑心暗鬼はなかったか

コロンビア戦が終わって沸き上がってきたのは、なんとも言えない不思議な感情だった。
 
 驚きを多分に含んだその感情は、あまり味わえるものではない。長くサッカー現場の取材をしてきた私にとっても、フットボールの奥深さを痛感させられるゲームだった。
 
 どんなにサムライブルーがこっぴどく国内で批判されていようが、ワールドカップの戦いは最後の2~3週間の準備がきわめて重要なのだ。いかなる強豪国であっても、そこで失敗すると良い結果は求められない。西野朗監督は、本当に素晴らしいマネジメントをした。こちらが想定していた以上に、すべてが上手くハマったのである。柴崎岳、香川真司、そして吉田麻也と昌子源のCBセットを先発させ、ほんの2週間前とはまるで違うチームになっていた。まさしく勝負師の英断。チームの成長をしっかり見定め、最適な選手と組合せを探り当て、勝利した。お見事である。
 
 奇跡の勝利だと騒がれているが、私はそうは思わない。フットボールのストーリーというものは、言ってみればキャプテン翼のようにガラリと展開が変わることがある。まったく異なる光が生み出されることがある。西野ジャパンの場合は、地味だが黙々と短い時間で積み上げた努力が、結晶となって光り輝いた。それが歴史を動かしたのである。なんと素晴らしいノンフィクションだろうか。

【PHOTO】現地直送! ロシアW杯を彩る「美しすぎる」世界のサポーターたち

 
 日本のファンは試合前、勝利を期待してはいたものの、どこかに疑心暗鬼はなかったか。それが一夜にして、一変した。世界最高峰の舞台で戦う日本代表選手を誰もが認め、その自信を共有し、途轍もなく大きなリスペクトが芽生えたのだ。国のムード自体が変わった、と換言してもいいだろう。ワールドカップはたった1勝ですべてが変わる、そういう大会なのだ。
 
 ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を更迭し、ガーナ戦、スイス戦で低調な出来に終始していたは事実だ。日本はFIFAランキングも61位と低く、出場32か国では下から数えて3番目である。パラグアイ戦で良い勝ちっぷりを見せたとはいえ、刷り込まれた先入観というものはなかなか拭いがたく、サポーターはどこか心に不信や不安を抱いていただろう。
 
 そうした意味では、開催国のロシアや同じアジア勢のイランは、日本代表チームにもサポーターにも勇気を与えたのかもしれない。下馬評は決して高くなかったが、前者は開幕戦で見事な攻撃サッカーを披露してサウジアラビアから5点を奪い、後者は強敵モロッコを相手に粘り勝ちした。彼らもまた、最後の2~3週間に最高の準備ができたのだろう。やかましい外野の雑音にいっさい耳を傾けず、自分たちのスタイル熟成にのみ集中した結果だ。

1/3ページ

最終更新:6/20(水) 21:24
SOCCER DIGEST Web