ここから本文です

「これは奇跡の勝利などではない!」英誌・熟練記者が強豪撃破の西野ジャパンをベタ褒め!

6/20(水) 19:21配信

SOCCER DIGEST Web

選手個々の長所を上手く引き出した、西野監督の手腕

西野監督にとってはやはり、パラグアイ戦で得た収穫が大きかっただろう。
 
 攻守の迅速な切り替えを念頭に置き、中盤のコンビネーションを高めるためにはどんな組み合わせがベストなのか。積極的なテストにパラグアイ戦を費やし、コロンビア戦では乾貴士、香川、柴崎、長谷部誠、原口元気の5人のMFを並べる最適解を見出したのだ。彼ら5人が同時にピッチに立つのは初めてだったはずだが、西野監督にはどう機能するかのイメージができていたのだろう。連携はいたってスムーズだった。
 
 守備の安定も目を見張るばかりだった。高い位置での追い込みも、最後の局面での対応もだ。結果的にFKでの失点を招いた長谷部のファウルは正直言ってアンラッキーで、むしろラダメル・ファルカオの反則だった。最前線の大迫勇也からして守備意識が高かったし、誰もが素早い帰陣と積極的なフォアチェックを意識していたように思う。短い強化期間であれだけの連動性を示せたのは、個々の取り組みと互いへの信頼性に拠るところが大きい。吉田と昌子のコンビも強度が高かった。あのファルカオがGK川島永嗣へのバックパスのようなシュートしか撃てなかったのだから。

 
 後半は完全に日本のペースで試合を進めた。ああなると10人のコロンビアは勇気を保てなくなる。その状況下でいくらハメス・ロドリゲスのようなワールドクラスを投じても、挽回するのは至難の業だ。終盤にいくつか危ないシーンはあったものの、コロンビアはパワープレーさえ仕掛ける手立てがなかった。数的有利だったことを加味しても、日本の完勝だったと考える。
 
 前回のパラグアイ戦のコラムで、わたしは柴崎を称え、スタメンで起用すべきだと書いた。コロンビア戦では攻守両面で気の利いたプレーを続けていたし、いまや彼のいない日本代表が想像できないほどだ。わずか2試合でステータスを一気に高めたのである。
 
 乾も香川も申し分なかったし、決勝点を挙げた大迫も足を止めずにつねに動き回っていた。選手個々の長所を上手く引き出した、西野監督の手腕に唸らされる。スペシャルであり、リスペクトに値するだろう。
 
 昌子は安定感があり、ほぼミスなく90分間をプレーした。とはいえこれは結果論であり、CBのコンビを本番で変えるのは、相当な勇気がいっただろう。
 
 吉田と昌子のコンビは言わばコロンビア戦のサプライズだった。私なども吉田には槙野智章、昌子には植田直通が相棒という固定観念がどこかにあって、吉田が外せない以上、さすがに昌子を先発に据えるのはギャンブルだろうと考えていた。ところが、だ。指揮官の思い切りの良さには頭が下がる。吉田の経験と昌子の身体的な強さが相乗効果を発揮し、コロンビアの攻撃オプションをしっかり封じ込んでいた。セネガルやポーランドを相手にしても強度を保てるのではないかと、そんな期待を抱かせてくれる。

2/3ページ

最終更新:6/20(水) 21:24
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)