ここから本文です

コロンビア代表DFの評価暴落 W杯日本戦の失態で批判殺到「理解不能」「怪しい」

6/20(水) 23:03配信

Football ZONE web

D・サンチェスはPKを献上する直前に大迫に体を入れ替えられる

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でコロンビアに2-1で勝利した。MF香川真司、FW大迫勇也がゴールで評価を高めた一方、2点を失った守備陣の一人が非難の矢面に立っている。

【写真】決定的瞬間を激写! キンテーロの低弾道FKで壁の4選手がジャンプ、真下を抜かれたのは…

「トットナム・ホットスパーのファンはコロンビア代表のダビンソン・サンチェスのプレーに反応する」と特集したのは、英スポーツ専門メディア「HITC」だった。

 今季アヤックスからトットナムに加入した22歳のDFダビンソン・サンチェスは「欧州で最高の若きセンターバックの一人」と評価されていた。しかし、前半3分に痛恨のプレーを犯す。大迫との競り合いで体を入れ替えられると、GKダビド・オスピナと1対1の場面を作られた。そこからMFカルロス・サンチェスがハンドを犯して一発退場となり、香川に献上したPKで先制を許してしまった。

 記事では、「90分間に不安定さを見せた」と触れているが、トットナムファンはツイッターでD・サンチェスのパフォーマンスを批判している。

「ダビンソン・サンチェスは本当にダメな試合だった。周囲に適切な能力を持った選手が入れば、彼は良いプレーができたということ」
「サンチェスは本当に酷かった」
「サンチェスがレッドカードと失点の責任だ。トビーよりも彼を評価するファンに拍手を送ろう。理解不能だ」
「ダビンソン・サンチェスが来季こんなプレーをしないことを本気で祈る」
「サンチェスのファンではないが、コロンビア代表でも怪しいね。足元も怪しい、パスも不安定で、試合を読む目もない。タックルはファンタスティックだけど」

 トットナムはベルギー代表DFトビー・アルデルワイレルドを今季限りで放出する可能性が高まっている。D・サンチェスは若きディフェンスリーダーとして、プレミアリーグの強豪で期待されていたが、日本戦の失態でサポーターの評価が暴落している。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/21(木) 5:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事