ここから本文です

「あなたの会社を殺す」3つの無症状とは何か

6/20(水) 8:00配信

東洋経済オンライン

経営において本質的に大事なことは、たったひとつ。それは、会社が「生きている」ことである。
『現場力を鍛える』『見える化』など数多くの著作があり、経営コンサルタントとして100社を超える経営に関与してきた遠藤功氏は、「30年間の結論」として、会社や組織は「見た目の数字や業績」より、本質において「生きている」か「死んでいる」が重要だという。
30年の集大成として『生きている会社、死んでいる会社――「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則』を上梓した遠藤氏に、「死んでいる会社」に共通する「三無症状」について解説してもらう。

【書影】『生きている会社、死んでいる会社 』とは?

■「死んでいる会社」に存在する「三無症状」

 30年の長きにわたって、経営コンサルタントという仕事をやってきた。100社以上の会社と濃密なお付き合いをし、ここ10年近くは複数の会社の社外取締役、社外監査役としても経営に関与してきた。その経験を通して確信して言えることがひとつある。それは「会社は生きていなければならない」ということだ。

 挑戦しつづけ、実践にこだわり、創造に燃え、適切な「代謝」を行っている会社を「生きている会社」と私は呼んでいる。「挑戦→実践→創造→代謝」の“いい循環”が回っているのが「生きている会社」の特徴だ。

 反対に、見た目の「数字」や「業績」がよくても、内情は守りに終始し、管理に走り、停滞に沈んでいる「管理→抑制→停滞→閉塞」の“悪い循環”に陥っている会社を「死んでいる会社」と私は呼んでいる。

 「生きている会社」と「死んでいる会社」を分ける差はいくつかあるが、「死んでいる会社」には「3つの無症状」、いわば「三無症状」が蔓延している。

 では、会社の活力を殺して「死んでいる会社」にしてしまう「三無症状」とは、いったい何なのか。早速、紹介したい。

 「死んでいる会社」に蔓延する「三無症状」の1つ目は「無表情」である。

■「死んでいる会社」は社内の「空気」も死んでいる

 【1】「無表情」が社内に蔓延する

 会社にはそれぞれの会社の「表情」がある。会社としての活力、つまり「気」は「表情」としてあらわれる。「死んでいる会社」には、会社の活力をあらわすこの「表情」がきわめて乏しい。

社内に「喜怒哀楽」や「生気」がない
 創造をめざし、挑戦しつづけている「生きている会社」は、喜怒哀楽がじつに豊かである。

1/3ページ