ここから本文です

今秋の「新型iPhone」は何がどう変わるのか

6/20(水) 16:00配信

東洋経済オンライン

 アップルは米国時間6月4~8日にカリフォルニア州サンノゼで開催した世界開発者会議「WWDC 2018」で、今秋公開予定のソフトウエアを披露した。開発者たちは、そのリリースに合わせ、新しい機能を盛り込んだアプリ開発に取り組むが、一般のユーザーの次の注目は、アップルが秋に発売することが見込まれる“次のiPhone”に移ってくる。

この記事の写真を見る

Wall Street Journalは、2018年モデルのiPhoneは3モデル用意されるというこれまでの“うわさ”を共有したうえで、液晶ディスプレーを採用する最も価格が安いモデルが、その販売の大半を占めるとの予測を出した。

■iPhone Xは高すぎた? 

 アップルはラインナップの中で、週次で最も販売台数が多いモデルがiPhone Xだったことを明かした。米国で999ドルから、日本では11万円以上の価格で販売されるiPhone Xの販売台数が最も多いことは、台数が微減であっても売上高を伸ばす原動力となっている。2018年第2四半期決算前後で流れた「iPhone X不振」も払拭してみせた。

 しかし、高いiPhoneが売れ続ける、とも考えていないようだ。

 著名アップルアナリストでKGI証券からTF International Securitiesに移籍したミンチー・クオ氏は、2018年モデルのiPhoneについて、5.8インチ有機ELディスプレーモデルを100ドル前後値下げし、6.5インチ有機ELディスプレーモデルを現在のiPhone Xと同等かそれより安い価格に設定すると見ている。

 加えて、6.1インチ液晶ディスプレーを備えるiPhoneを600~700ドルで用意するというのだ。600ドル台のiPhoneは、ちょうど4.7インチ液晶ディスプレーを備えるiPhoneと同じ価格帯となる。2016年モデルのiPhone 7は発売後1年半を経過しても売れ続けている。

1/3ページ