ここから本文です

「部屋干し臭&ニオイ戻り」の原因はコレだった! 洗濯プロが徹底解説

6/21(木) 23:50配信

集英社ハピプラニュース

湿度が高くて洗濯物が乾きにくい夏場は、1年で最も洗濯の悩みが多い時期。そこで今回は、「部屋干し臭」「ニオイ戻り」の意外と知らない原因を、お洗濯のプロ3人がわかりやすく解説! そして、ニオイ対策となる菌の増殖を抑える、汚れの落とし方「洗う前」と「洗い方」を詳しくご紹介します。

「部屋干し臭/ニオイ戻り」はなぜ起こる!?

原因はコレ!
ニオイのもとは、衣類についた菌とそのエサになる汚れ

「部屋干し臭が起こるのは、衣類についた雑菌が原因です。ただその菌は普段から普通に衣類についているもので、それ自体がにおうわけではありません。その菌が衣類についた汚れや皮脂をエサにして輩出する代謝物(フンのようなもの)がにおうのです。衣類にエサにとなる汚れが残ったままだとニオイが起こりやすくなるため、洗濯でしっかりその汚れを取り除いてあげることが大切。また、乾燥に時間がかかり、長時間衣類が湿ったままだと、ニオイが起こりやすくなります。特に湿気のある温かい環境で菌は活発に活動するため、梅雨時期は要注意です」(花王 尾崎さん)

「乾くことで一旦、この生乾きのニオイがなくなったように感じるのですが、再度、水分や汗を含むと、その水分が蒸発することでニオイが立ちやすくなります。これがニオイ戻りです」(ライオン 大貫さん)

対策はコレ!
菌とエサになる汚れをしっかり除きできるだけ早く乾かす

教えてくれたのは

ライオン 大貫和泉さん
洗濯用洗剤などの製品開発・調査に携わり約20年。2児の母としての経験と、主婦・女性の目線から洗濯に役立つ情報を発信している。

花王 尾崎貴則さん
アタックブランドの商品開発担当。ニオイに対する感度が高い日本人に、より清潔で快適な衣生活をお届けするため研究を重ねている。

P&G 大武秀稔さん
P&G研究開発本部でアリエール研究開発担当。ライフスタイルの変化に合わせ、より快適な洗濯ライフを実現するための商品開発に邁進中。

菌を抑えるには「洗う前」にもポイントが

洗濯物はなるべくため込まず、早めに洗う

「時間がたてばたつほど、汚れは落ちにくくなります。同じコーヒーのシミも、すぐに洗うときれいに落ちますが、1週間そのままにしてしまうと落としきれません。汚れたまま放置せずに、できるだけ早めに洗うことを心がけましょう」(ライオン 大貫さん)

1/3ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ