ここから本文です

間もなく、中国が3千万人の「余った男たち」で埋め尽くされる

6/21(木) 9:00配信

現代ビジネス

「一人っ子政策」の副作用

 1949年の建国以降、中国はこれまで計6回、全国的な人口調査を行っている。

 過去6度の出生者の男女比(女子を100とした場合の男子の出生数)は、下の棒グラフの通りだ。

 世界の出生数を見ると、男子が女子より多いのは各国に共通な現象で、国連では「102から107の間」を正常な国家と定義づけている。

 例えば2016年の日本の出生数は、男子50万1880人、女子47万5098人で、男女比は105・6だ。

 だが中国の場合、120を超えた年が近年で3年もあり(04年、07年、08年)、明らかに「異常国家」である。

 これは中国が長年にわたっておこなってきた「一人っ子政策」、つまり、夫婦が生んで育てる子どもを一人に制限する政策がおこなわれてきたために生じた、いわば「副作用」である。

 この政策によって、「どうせ一人しか生めないのなら、男の子を生もう」という夫婦が激増した。特に、働き手や跡取りを求める農村部において、この傾向は顕著になっていった。

 その結果、中国は2020年には、結婚適齢期とされる20歳から45歳までの人口で見ると、男性の数が女性の数よりも、3000万人も多い社会となってしまうのだ。

 3000万人! 実に、日本の総人口の約4分の1にあたる数だ。

「持ち家のない男」は話にならない

 中国を代表するネットメディアの一つ、テンセント・ネット(騰訊網)は、早くも2011年8月18日付で、「3000万人独身男の憂鬱」と題した長文の記事を掲載している。

 その要旨は、次のようなものだ。

 〈それは言ってみれば、北京の第三環状線の中にマンションを買いたい膨大な人々と、供給されるマンションの数とが釣り合っていないようなものだ。

 結婚適齢期の女性の『供給』が、結婚適齢期の男性の『需要』にマッチしていないのだ。

 その結果、どうなるかと言えば、やはりマンション問題と同じようなことになる。すなわち2020年には、3000万人もの独身男性が出現することになる。

 総じて言えば、男女の数の不均衡は、女性を追い求める男性に、さらに高額のコストを強いることになる。

 これは結婚適齢期の男性たちが共通して支払わなければならない代償なのだ。だがそれでも、3000万人もの『不幸者』が出ることになる〉

 この記事が出た2011年、私は北京に住んでいた。勤めていた日系文化公司の未婚女性たちに、「将来どんな男性と結婚したい?」と聞くと、まるで判で押したように、「マンションを買える男性」という答えが返ってきた。

 中国語に、「成家立業」という成語がある。

 「家庭を持って生業を立てる」という意味だが、「家庭を持つ」ことを「家を成す」と書く。中国の女性は、マイホームを買えて「家を成せる」男性と結婚したいのである。

1/4ページ

最終更新:6/21(木) 16:00
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ