ここから本文です

練炭自殺装い弟殺害 両親も狙う?44歳女社長の異様な「デスノート」〈週刊朝日〉

6/22(金) 12:14配信

AERA dot.

 練炭自殺を装い、実の弟を殺害したとして、大阪府警捜査1課に20日、殺人容疑で逮捕された水道工事会社社長の足立朱美容疑者(44)。会社経営を巡る骨肉の争いで親まで狙うなど朱美容疑者が描いた異様な“デスノート”の全貌が明らかになってきた。

【写真】足立朱美容疑者

 朱美容疑者が殺害したのは弟の聖光さん(40)だ。2人はもともと父親が経営していた水道工事会社で働き、明美容疑者が父の後を継いで社長になり、聖光さんは別会社を立ち上げたという。

 しかし、2人の知人はこういう。

「聖光さんの方が受注が好調でいつしか”本家”の朱美容疑者の会社の業績を上回るようになった」

 いつしか聖光さんの会社は、仕事があふれて、朱美容疑者の「本家」の会社に仕事をまわす、逆転現象が起こっていたという。

 そんな中、今年3月27日に事件は起こった。 聖光さんが堺市の実家のトイレで「練炭自殺」をしているのが発見されたのだ。

 当初、大阪府警も「自殺」として処理していた。 だが、さまざまな不審な点が浮かび上がった。

 水道工事会社の創業者である姉弟の母親も聖光さんが実家で亡くなった時、昏睡状態になっていたのだ。

「母親は回復した後、『朱美容疑者に抹茶オーレを勧められて飲んだら意識がなくなった』と話しています」(捜査関係者)

 聖光さんの「自殺」は事件性が高いと大阪府警は捜査に乗り出した。

 すると、今年1月に糖尿病の持病を持つ父親が朱美容疑者の作った甘酒を飲んだ際、2度も緊急搬送されていたことがわかった。

 父親は、その後低血糖の症状を発症し、植物状態になっているという。

 そんな背景もあり、聖光さんの妻が「自殺なんてありえない」と訴え、殺人事件での捜査を警察に強く求めた。

「すでに聖光さんは火葬していたが、検体を保存していたことで調べることができました。すると、聖光さんの検体から睡眠薬が検出された。その成分を調べると、朱美容疑者の処方されていた薬と一致した」(前出の捜査関係者)

1/2ページ

最終更新:6/22(金) 19:57
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

Yahoo!ニュースからのお知らせ