ここから本文です

「日本のファンが模範を示した」 英BBCが“1週間の7大名場面”に「客席掃除」を選出

6/22(金) 18:03配信

THE ANSWER

「1週目の愛する7つのこと」に選出、ゴミ拾いを“日本発”の文化として紹介

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は開幕から1週間が経過。早くも様々な名シーンが生まれているが、英公共放送「BBC」は「W杯2018:1週目で我々の愛する7つのこと」と題し、プレーバック。その一つに日本ファンから波及した“ゴミ拾い”が取り上げられている。

【画像】吉田麻也が入場時に発見していた! 「VIP席でめちゃ手を振るカズさん」の証拠写真

 BBCは大会1週間の印象的な7大出来事として、ブラジル代表FWネイマールなどの「髪形」、今大会から導入された「VAR」などを取り上げているが、その一つに「ファンがスタジアムを掃除」のトピックを取り上げている。

 記事では「日本のファンが模範を示した。コロンビアの熱狂ファンがそれに続いた。セネガルとウルグアイのサポーターも最新の勝利試合で加わった」と紹介。「日本の活動が他の国に広がったようだ」と“日本発”の文化として記している。

 19日のコロンビア戦では2-1の番狂わせを演じ、大興奮の試合となったが、勝利後のスタジアムで日本人サポーターが持参したゴミ袋を使って清掃する姿が話題となり、海外の各国メディアに取り上げられていた。

 今回の記事でも「ゴミ袋を持ったマナーの良いフットボールファンほど良いものはない」と高い評価を受けている。盛り上がりを見せているロシアW杯の大会序盤の主役の一人に日本人サポーターが選ばれた格好だ。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/22(金) 19:00
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。