ここから本文です

福島千里、100m全体1位も悲壮「ダサくても、脚ちぎれても、こけても思い切り行く」

6/22(金) 20:49配信

THE ANSWER

11秒64で全体1位も「全然いいところが見つからなかったので」

 陸上の日本選手権兼アジア大会代表選考会(山口・維新みらいふスタジアム)は22日、女子100メートルで日本記録保持者の福島千里(セイコー)が11秒64の全体1位で23日の決勝進出を決めた。

【動画】世界最速男がサムライに変身? 最後は律儀にお辞儀…ボルトがインスタグラムで紹介したおちゃめな殺陣&決めポーズの様子

 スタートを重心に前に置くフォームに変え、臨んだ今大会初レース。福島は「何か手応えがあればいいなと。気づいたら2、3メートル先にいるようなスタートを意識して練習していたけど、それはできなかったかな。ゆったりな走りでもっとタイムが良ければ良かったけど、全然いいところが見つからないので」と出来には不満げだった。

 23日は200メートル予選を経て、100メートルの決勝に挑む。「100の決勝をより良いものにするために200使っていきたい。一生懸命やってないわけじゃないけど、失敗してもいいから思い切りいく。ぐちゃぐちゃでも、ダサくても、負けても、こけても、脚がちぎれてもいいから思い切り。そうじゃないと突き抜けられないと思う」と悲壮な決意を語った。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/22(金) 20:49
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。