ここから本文です

【忙しい人に贈る“晩ご飯”レシピ】切り身魚のアクアパッザ

6/22(金) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 「晩ごはん」をつくるのも、食べるのもめんどくさい……。忙しいビジネスパーソンは、そう思うことが多いのではないでしょうか? それよりも、ほしいのはお酒。はやくクイっと飲んで、仕事で緊張したからだと心をほぐしたい……。そんなあなたにぴったりのレシピ本『おつまみが晩ごはん!』(小田真規子・著)から、とっておきのレシピをご紹介します。簡単にできて、めちゃくちゃ美味しいレシピです!

 本日、ご紹介する「おつまみ晩ごはん」は、バル気分でお酒を楽しめる欧風おつまみ「切り身魚のアクアパッザ」です。

 【材料】1~2人分
切り身の塩だら(こしょうを少々ふっておく):2切れ(150~180g)
こしょう:少々
ミニトマト(ヘタをとって横半分に切る):8個(80g)
にんにく(みじん切り):1かけ(10g)
オリーブ油:大さじ2

 【スープ】
塩:小さじ1/2
白ワインまたは酒:1/4カップ
パセリ(みじん切り):大さじ1
粉チーズ:大さじ2

 【つくり方】
(1)フライパンにオリーブ油(大さじ1)を中火で熱し、塩だらの表裏を2分ずつ焼く。
(2)ミニトマトとにんにくを全体に散らし、【スープ】を順にふり入れる。
(3)中火で煮立て、ふたをして弱火で5分煮る。仕上げに残りのオリーブ油をふり、ひと煮する。

 【しめ】
雑炊 パスタ バゲット

小田真規子(おだ・まきこ)
料理家・栄養士・フードディレクター。女子栄養大学短期大学部卒業後、料理家のアシスタントを経て、有限会社スタジオナッツ(www.studionuts.com)を設立。誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい家庭料理をテーマに、『オレンジページ』『ESSE』などの生活雑誌や企業PR誌にオリジナルレシピを発表。『料理のきほん練習帳』(高橋書店)、『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)など多数。

小田真規子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集1 さらば旧型金融エリート
メガバンク 地銀 信金 信組
特集2 コンビニクライシス
特集3 政府が画策する 原発大再編