ここから本文です

オシムが喜んだのは勝利だけでない。「香川は円熟の境地。酒井は力強い」

6/22(金) 8:01配信

Number Web

 前日にアシマ夫人との電話で、日本対コロンビア戦後にイビチャ・オシムに試合の論評を聞くことを確認した。ところが試合後の記者会見を終えて電話をすると誰も出ない。アシマ夫人の携帯にも繋がらない。ようやく夫人と話ができて、状況を尋ねるとオシムは試合を見終えて寝ているという。9時にキックオフのロシア対エジプト戦に備えて仮眠を取っていたのだった……。

【動画】息子が練習場に現れて、集中できていない様子のマルセロ。

 試合の直前に再び電話をした。すでに起きていたオシムは、ロシア対エジプト戦を前に日本対コロンビア戦を語った。日本の勝利に彼は、いったいどんな思いを抱いたのか……。

1人ひとりが自分のなすべき仕事をした。

 ――元気ですか? 

 「君も元気そうでなによりだ」

 ――はい。試合は見ましたか? 

 「結果は妥当で、日本は勝利に値する試合をした。とても素晴らしい勝利だった。しかも決して侮ることの出来ない相手に対する勝利だ。

 たしかに判定に助けられた部分はあった。1人選手が多いのは大きなアドバンテージだ。しかし、選手1人ひとりが自分たちのなすべき仕事をしたのは間違いない。彼らは自分たちのやるべきプレーを実践し、ボールをキープし、相手よりも多く走った。ある瞬間から彼らはこのようなプレーをするようになった……そして、それは長い間日本がやり続けてきたプレースタイルだった」

 ――良くも悪くも日本らしいパスサッカーだったと思います。

 「自分に自信がなければミスを犯しやすい。(コロンビアが)ああいう形で失点したのは気の毒としか言いようがないが、サッカーとはそういうものだ。

 とはいえ日本は本当に良くプレーしていたので、私は本当に嬉しく思う」

私が思うに、もう少し攻撃的でも。

 「ボールのないところでもしっかりとプレーして、両サイドの攻守も完璧でボールに常に圧力をかけていた。最終ラインの守備もよかった。ただGKは確実性を欠いた。プレッシャーに押しつぶされた印象を受けた。

 大事な試合でこんなプレーができたのだから……『サッカーという意味』で彼らは完璧だった。しっかりと1人多い状況でボールをキープし、積極的に攻撃を仕掛けた。まぁ……私が思うに、もう少し攻撃的でもよかったのではないか。より危険にはなれた、とは思うが」

 ――これが西野監督のスタイルなのでしょうか? 

 「私は彼をよく知っているから何も驚きはなかったよ(笑)」

1/3ページ

最終更新:7/3(火) 17:46
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

特別増刊号
7月10日発売

定価500円(税込)

日本代表 未来への扉。

【独占インタビュー】 乾貴士「衝撃ゴールの真実」
【ベルギー戦完全詳報】 出場13人全証言