ここから本文です

「宇宙から見た都市」の何ともすさまじい絶景

6/23(土) 8:00配信

東洋経済オンライン

世界各地のユニークな衛星写真を紹介し60万人以上のフォロワーをもつインスタグラムアカウント「Daily Overview」の開設者、ベンジャミン・グラント氏は、「宇宙空間というマクロの視野から、地上のさまざまな環境に置かれた人たちの生活を想像し、何がうまくいくか、改善するにはどうしたらいいかを考えることが、よりよい暮らし方のアイデアを得るための出発点になる」と説きます。
写真を主体にした著書『OVERVIEW 宇宙から見たちっぽけな地球のすごい景色』から特に世界のさまざまな「住」の在り方がわかる写真をご紹介します。

【写真集】どこだかわかる?これが宇宙から見た都市の絶景だ!

■計画的に建てられたコミュニティ

 ●サン・レイクス(アメリカ)

 アメリカ、アリゾナ州のサン・レイクスは計画的に建てられたコミュニティ。およそ1万4000人の住民のほとんどが高齢者だ。国勢調査によると、6683戸の世帯のうち、18歳未満の子どもがいるのはわずか0.1%だった。

 ●ドゥラ・アルバーレーン(バーレーン)

 まだ建設中のドゥラ・アルバーレーンはペルシャ湾内に13の人工島を配し、主に宅地として使われる予定。プロジェクトの建設費は60億USドル(約6400億円)と見積もられる。

 ●デリー(インド)

 インドのデリーの人口はおよそ1600万人。ここに見えるサントッシュ・パークとアタム・ナガー地域には首都圏の最貧層の多くが住み、最も立てこんだ人口密集地となっている。

■118の小さな島々でできている都市

 ●ヴェネツィア(イタリア)

 人口約26万5000人のヴェネツィアは、118の小さな島々が運河でへだてられ、橋でつながれてできている都市だ。潮水が危険なレベルまで上がることが予想され、市はアドリア海の水がヴェネツィアのラグーナに浸入する可能性があるとして、3つの水路に78基の巨大な鋼鉄の水門を建設した。重さ300トン、幅28m、高さ20mのパネルが、海底を掘って造られた大規模なコンクリートの基礎に固定されている。

1/3ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ