ここから本文です

銀座コリドー街で繰り広げられる「ナンパ」と「喧嘩」 --- 内藤 忍

6/24(日) 16:50配信

アゴラ

銀座で食事をした後、近くのコリドー街に見つけたワインバーに行ってみました。週末ということもあって、お店は超満員。中の席には入れず、お店の外の道路に置いてある小さなテーブルに4人で立ち飲みという展開になりました。

銀座のコリドー街というのは、JR東日本の有楽町駅と新橋駅をつないでいる高速道路の高架下にある飲食店街です。居酒屋、レストラン、バーなどが軒を連ねてビジネスパーソンで賑わっている繁華街です。

お店は多いのですが、チェーン店ばかりで、グループで2次会などに使うお店が多く、銀座の中ではやや地味でパッとしないエリアと思い込んでいました。しかし、その印象は完全に裏切られました。

そろそろ帰る人が増える時間帯だと思っていましたが、立ち飲みしている歩道には、道路の両側から大量の人が歩道からはみ出すように歩いているのです(写真)。サッカーの試合が終わった後の渋谷駅(行ったことありませんが)のような異様な盛り上がりで、カオスな雰囲気が漂っています。

そして、良く見ると若い男性グループが歩いてくる女性グループに声をかけています。いわゆる「ナンパ」(街で知らない女の子に声をかけること)のメッカとして有名な場所になっているようです。声をかけているのはスーツを着たビジネスパーソンが多いのが、ビジネス街に近い繁華街ならではです。

草食系と言われる最近の日本の若者ですが、ここではそんな気配はまったくありませんでした。通り全体がバブルのような熱気に包まれ、高揚した若者のエネルギーに溢れていました。

その近くでは、私と同じ世代の50代の男性グループが別の男性と口論になり、道端で喧嘩を始めていました。スーツを着たシニアの酔っ払いの喧嘩も、何だか久しぶりに見たような気がします。ここにも今の日本ではあまり見かけない、男臭いエネルギーを感じるのでした。

大量の人が通行する猥雑な道路には、流しのタクシーが並び、その後ろからは白いストレッチリムジンが走ってきます。

明らかに自分がイメージしていた日本とは異なる風景。これは東京の港区のコリドー街だけの現象なのでしょうか?


※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年6月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログ(http://www.shinoby.net/)をご覧ください。

内藤 忍

最終更新:6/24(日) 16:50
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム