ここから本文です

「ドイツは敬意がない」とスウェーデン指揮官激怒。判定にも不満【ロシアW杯】

6/24(日) 9:02配信

フットボールチャンネル

【ドイツ 2-1 スウェーデン ロシアワールドカップ・グループリーグF組第2節】

 現地時間23日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグF組第2節で、スウェーデンはドイツに1-2で敗れた。ヤンネ・アンデション監督は、ドイツ陣営に敬意がないと憤っている。

【2018年ロシアW杯】グループリーグ日程

 初戦を落としていたドイツは1-1で迎えた後半アディショナルタイムにMFトニ・クロースのゴールで逆転に成功した。起死回生の一発が決まり、大盛り上がりとなっている。

 試合後に怒りを爆発させたアンデション監督は、ドイツに相手への敬意がなかったと指摘。「あちらは我々のところに走ってきて目の前で喜んだ。リスペクトがない。腹が立ったよ」と話した。

 これについてドイツのヨアヒム・レーブ監督は「誰がそういったジェスチャーをした? 私がしたのか? 我々はほかのことに集中していた。お互いを抱きしめて、ただ喜び合っただけだ」と述べている。

 アンデション監督は判定に納得がいかない部分もあるという。前半の13分、FWマルクス・ベリがペナルティエリア内で倒れたシーンは、相手DFジェローム・ボアテングのファウルではないかという疑惑だ。スウェーデン陣営がPKを主張したこのとき、主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を使っていない。

 スウェーデン指揮官は「私は見ていないが、チームのメンバーは完全にPKだったと言っていた。システムがあるというのに見る必要もないと感じたのは残念だ」と述べている。

 あと一歩でドイツからの勝ち点を逃したスウェーデンは、27日にメキシコと対戦する。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)