ここから本文です

「ホンダがパーティーをブチ壊した!」英専門誌が西野ジャパンの粘りを激賞!

6/25(月) 2:44配信

SOCCER DIGEST Web

一方で川島には手厳しい評価が…

 日曜日のワールドカップ・グループH第2節、日本vsセネガル戦は壮絶な2-2ドローに終わった。西野ジャパンは2度リードを奪われるも2度追いつき、チャンスの数で上回るなど堂々たるパフォーマンスを披露した。
 
 英サッカー専門誌『Four Four Two』は日本代表のファイティングスピリットを称賛。「ホンダがシセ(監督)のパーティーをブチ壊した」と題し、速報記事を掲載した。
 
「セネガルは片足をノックアウトラウンドに乗せていたが、日本がそれを引きずり下ろした。アリウ・シセとセネガル代表のパーティーが始まる目前で、ケイスケ・ホンダ(本田圭佑)が無慈悲なゴールを決めて中止に追い込んだのだ。第1戦で勝ち星を挙げた者同士、予想通りに素晴らしくオープンなゲームだった。スタンドを熱狂させるドラマチックな2-2ドローである」
 
 開始11分のセーブミスがサディオ・マネの先制点に繋がった川島永嗣については、「コロンビア戦のFK処理に続く手痛いミスだ。あれは簡単にキャッチできただろう」と辛辣に評した。

【画像】「美人すぎる」「セクシーすぎる」ロシアW杯ビッグスターの妻&恋人たち

最終更新:6/26(火) 2:44
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事