ここから本文です

GK川島、ポーランド戦前日会見で自身への“批判”に言及「覚悟がなければこの場にいない」

6/27(水) 23:24配信

Football ZONE web

過去を振り返るよりも、先の試合が大事だと持論を展開

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦に臨む。西野朗監督とともに前日会見に出席したGK川島永嗣は「批判に対して覚悟がなければこの場にいない」と強い思いを口にしている。

【動画】スローイングミス→ポスト激突…日本代表GK川島がドタバタ対応の珍プレー

 19日のW杯初戦コロンビア戦で2-1と金星を挙げた日本は、24日の第2戦セネガル戦で2-2と打ち合いを演じて勝ち点1を獲得。2試合を終えて、セネガルと勝ち点4で並ぶも反則ポイント差で日本が首位に立つ。3位が勝ち点3のコロンビア、最下位が2連敗で敗退が決定しているポーランドとなっている。

 川島は2試合連続フル出場を果たしている一方、コロンビア戦では低弾道FKを叩き込まれ、セネガル戦ではパンチングミスから失点を喫するなど課題を露呈。批判も高まるなか、川島はそうした声に対してコメントしている。

「日本代表の選手としてプレーするなかで、批判されることへの覚悟がなければ、この場所にいない。選手として、前の試合より次の試合で何ができるかが大切。前の試合はチームメイトに助けられた。今度は自分がチームを助けたい」

 批判への覚悟を語った川島だが、チームの状態には確かな手ごたえを得ているという。「チームとしては1試合目、2試合目とチームスピリットを発揮できた。チームの雰囲気は良いし、試合に向かう上では前向きだと思っている」と明かしている。

 西野監督はポーランド戦の先発について、前日トレーニングを踏まえたうえで決断すると明かしたが、果たして川島は3試合連続先発となるだろうか。

大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki

最終更新:6/28(木) 10:17
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新