ここから本文です

「史上最大の惨事」「ゴールデンエイジが終わった」 ドイツ敗退の衝撃を海外続々報道

6/28(木) 13:46配信

THE ANSWER

ドイツの敗退は世界に衝撃、各国で続々と驚きのニュースに

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は27日、1次リーグF組でドイツが韓国に0-2で敗れ、同国史上初の1次リーグ敗退を喫した。この結果は欧州そして南米のメディアも驚きをもって伝えている。

【一覧】ケディラは衝撃の「2.25」、ミュラーやベルナーも「2点台」前半の低評価、一方の韓国は? 英BBCが公開したユーザー採点

 誰もが予想しない敗戦だった。ドイツはボール支配率70%と圧倒的にゲームを支配。韓国の13本を大きく上回る26本のシュートを放ちながらも、決定機を逃し続けた。西ドイツ時代を含めて、W杯での1次リーグ敗退は初の屈辱となった。

「ドイツが沈没:ワールドカップ史上最大の大惨事」

 こう伝えているのはスペイン紙「AS」だった。まさかの結末をW杯史上最大の大惨事と驚いている。

 続いて今大会の出場を逃したイタリアの地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「ドイツが敗退 ワールドカップの呪い 韓国が2-0で勝利」と報道。「現世界王者がスキャンダラスな敗退 韓国はカザンの地で大金星を挙げた」と記事を展開。前回大会王者の1次リーグ敗退が続いている状況を“呪い”としている。

アルゼンチンメディアは「ドイツのゴールデン・エイジが終わった」と報道

 フランス専門紙「フランス・フットボール」は「韓国によってダメージを受けたドイツが敗退」と題して、「ワールドカップの歴史に残る」とセンセーショナルに伝えている。

 アルゼンチン紙「オレ」は「ワールドカップで衝撃、ドイツが韓国に敗れて敗退」と題して試合をレポート。「2006年に始まったドイツのゴールデンエイジが終わった、ドイツ人よ泣け!」とドイツの時代が終焉を迎えたと表現している。

 世界に衝撃が走ったドイツの敗退。今大会のハイライトの一つとなりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/28(木) 18:23
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事