ここから本文です

美学に反してでも「このままでいい」。西野監督が下した「究極の選択」、全ては決勝T進出のために【ロシアW杯】

6/29(金) 2:27配信

フットボールチャンネル

【日本 0-1 ポーランド ロシアワールドカップ・グループリーグH組第3節】

 日本代表は現地時間28日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第3節でポーランド代表と対戦し0-1で敗れた。しかし、セネガルが敗れフェアプレーポイントで上回った日本が決勝トーナメント進出を決めた。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 試合終盤は自陣深い位置でボールを回し、時計の針を進めた日本代表。コロンビア対セネガルの状況も考慮し、西野朗監督はこれが決勝トーナメント進出へ最善の策だと判断した。だが、こうした決断は指揮官の本意ではなかったのは事実だ。

「非常に厳しい選択でした。万が一という状況はこのピッチ上でも考えられた。もちろん他会場でも万が一ということがあるわけですが、選択したのはそのままの状態をキープすること。このピッチ上で『万が一』が起こらないよう、他力の選択を選んだ」

 まずは自分たちがこのまま試合を終えることを優先した。しかし、西野監督は攻撃的サッカーで監督キャリアを築いてきただけに、ビハインドを維持することに「納得いかない」と正直な気持ちを吐露した。ただ、無理に攻めてカウンターから追加点を与えることだけは避けたかった。優先すべきはあくまで、日本の決勝トーナメント進出だった。だからこそ、指揮官は「非常にシビアな状況だった」としつつ、「最終的に送ったメッセージは『このままでいい』ということ。選手たちも全うした」とイレブンをたたえた。

 前評判は決して高くなかった西野ジャパンが世界、そして日本中を驚かせた。そこには西野監督の強気な采配があり、選手たちのアグレッシブな姿勢があった。ポーランド戦はスタメン6人を入れ替えたが、勝利を目指していたことに変わりはない。

「何としても勝ち上がる中の選択に、この選択は全くなかった」とビハインドのまま試合を終えるよう選手に指示を送る考えなどなかった。「自分の心情とすれば不本意です。でも遂行させた」と苦しい胸のうちを明かした。

「ワールドカップはそういう戦いもあって、正解と出れば勝負にも勝ったことなのかなと思いたい。そういうフットボールもあっていいのかと初めて感じたゲームであり、ワールドカップのグループステージを突破する中での究極の選択かもしれません」

 望んだ形での決勝トーナメント進出ではなかったかもしれない。それでも、格上ばかりのグループを通過した。西野監督にとっては不本意な采配だったが、まさに「究極の選択」で掴んだ2大会ぶりのベスト16入りだった。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)