ここから本文です

無貯金の50歳代が3割超 「貯蓄ゼロ」中高年のサバイバル術

6/30(土) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

無貯金の50歳代が3割超 「貯蓄ゼロ」中高年のサバイバル術

(Gearstd / PIXTA)

<2018年7月7日号> 「いつまで現役で働けるのか」「人生100年なんていうけど、いつまで健康でいられるのだろう」など、50歳を過ぎるといろいろなことを考える。自分の仕事と健康のことに加えて、脳裏をよぎるのが、「老後のおカネ、大丈夫かな」という不安である。

50歳代無貯金の世帯は多い。金融広報中央委員会が毎年定期的に行う「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上世帯で貯蓄ゼロという世帯が、50歳代だと31.8%にも上っている(2017年、下図)。そこそこの給料をもらっているとしても、55歳で役職定年になったら3割減給だ。子供が完全に独立していればまだよいが、大学生で学費負担が続いていたら、貯蓄をするチャンスはなくなる。 本文:1,495文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

鈴木 雅光 :金融ジャーナリスト

最終更新:6/30(土) 7:00
週刊東洋経済