ここから本文です

【コラム】逆境が強運を呼んできた西野ジャパン。ベルギー戦は神風が吹く流れだが…

6/30(土) 15:55配信

SOCCER DIGEST Web

組織的な崩しの再評価、自身への「守備的」評価のリベンジ――失地回復が西野監督のテーマだった

組織的な崩しの再評価、自身への「守備的」評価のリベンジ――失地回復が西野監督のテーマだった

【W杯PHOTO】二度見が必至! ロシアW杯を熱く盛り上げる「個性派すぎる」「面白すぎる」サポーターたち

 苦渋の決断から怒涛の批判に晒され、西野朗監督は究極の逆境から、常識破りの強運を引き寄せて来た。

「本来なら代表を支えていくポジションなのに、非常に責任を感じる」

 技術委員長から監督に転身した際の弁である。当然である。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の失敗は、そのまま技術委員会の失策なのだから、速やかに代替案を用意するのが責務だった。Jリーグで散見されるように、GMが肩代わりというのは筋が違った。

 しかも代表メンバーの人選はノスタルジーに満ちて、時計の針を戻すような行為だった。しかしそれからの歩みは、意外なほど大胆で周到だった。初采配のガーナ戦では長谷部誠を軸とした3バックが機能せず、4-2-3-1に戻したスイス戦も低調に終わる。信じたメンバーで手応えを得られないまま、それでもパラグアイ戦で、ほぼ総入れ替えを敢行した。本番まで3試合しかない最終戦をバックアップだった選手のテストに使い、これが奏功し転機となった。この試合で先発が入れ替わり、香川真司、乾貴士、柴崎岳、昌子源が開幕戦のレギュラーに食い込んだ。

 率直にコロンビア戦は、開始早々の先制とカルロス・サンチェスの退場、さらには敵将ぺケルマン監督がキンテーロを早々と代え、故障が癒えず動けないハメス・ロドリゲスの投入など、相手の自滅的な要素が大き過ぎて評価が難しかった。だが同じスタメンを送り出したセネガル戦でも、日本はポゼッションで上回り、2度のビハインドを跳ね返した。
 
 ここで少なくとも監督交代劇の成否は明白になった。ハリルホジッチ前監督は「ポゼッションがすべてではない」と選手の距離間を詰めたショートパスを駆使した連動を嫌い、最終ラインからでも長いフィードでの裏狙いを半ば義務づけていた。実際に代表で縦パスへの意識が高まった大島僚太が評価を高める一方で、効果的にゲームを構築したかに見えた小林祐希などは、その後招集されていない。こうした流れの中で、香川も構想から外れて行った。

 おそらく西野監督のテーマは、失地回復だった。ポゼッションを肯定した組織的な崩しの再評価、さらには「守備的」というアトランタ五輪での評価へのリベンジ。そしてグループリーグ最終戦のギャンブルが成功すれば、強運は美しく完結するはずだった。

1/2ページ

最終更新:6/30(土) 15:55
SOCCER DIGEST Web