ここから本文です

メッシが“偽9番”で覚醒? 苦悩のアルゼンチン、W杯16強フランス戦で新布陣採用か

6/30(土) 15:05配信

Football ZONE web

母国紙が報道 優勝候補との一戦で“最適解”を見出せるか

 アルゼンチンはロシア・ワールドカップ(W杯)で敗退危機に瀕しながら、グループリーグ最終戦でナイジェリアに2-1と辛勝し、グループD2位で決勝トーナメント進出を果たした。主将でエースのFWリオネル・メッシ頼みの戦いぶりに批判も集まるが、16強のフランス戦ではメッシを“偽9番”として起用する可能性が浮上した。アルゼンチン紙「オレ」が報じている。

【動画】エースの重責、グループ敗退危機からの解放! アルゼンチン代表FWメッシが見せた歓喜の“おんぶセレブレーション”

 メッシは初戦のアイスランド戦(1-1)ではPKを失敗するなど、シュート11本を放ちながらノーゴール。完敗したクロアチア戦(0-3)ではシュート1本に終わり、2試合連続無得点と苦しんでいた。

 ようやく輝きを放ったのは、勝たなければ敗退という第3戦のナイジェリア戦。MFエベル・バネガのロングパスを巧みなトラップで完璧にコントロールすると、利き足とは反対の右足で今大会初ゴールを奪った。2-1で勝利したアルゼンチンは2位に滑り込み、16強へ進出。グループC首位通過のフランスと激突することが決まった。

 メッシは、アイスランド戦は盟友FWセルヒオ・アグエロとの2トップ、クロアチア戦とナイジェリア戦では3トップの右サイドで起用されてきた。しかし、この大一番でホルヘ・サンパオリ監督はチームの要である主将を3トップの中央で「ファルソ・ヌエベ(偽9番)」として起用する可能性があるという。

前線はメッシを中央に、右にディ・マリア、左にパボンと予想

「オレ」紙の予想スタメンは、GKにフランコ・アルマーニ、4バックは右からDFガブリエル・メルカド、DFニコラス・オタメンディ、DFマルコス・ロホ、DFニコラス・タグリアフィコ、中盤はアンカーにMFハビエル・マスチェラーノ、その前にMFエンソ・ペレスとバネガ、そして前線の中央にメッシ、左にMFクリスティアン・パボン、右にMFアンヘル・ディ・マリアとなった。

 代替案として、パボンではなくFWゴンサロ・イグアインが中央で起用され、メッシがこれまで通り右サイドでプレーする案もあるようだ。

 強豪フランスと相対する大一番で、サンパオリ監督は新システムを採用するのか。そして、メッシの完全覚醒はあるのか。チリ代表を率いて2014年ブラジルW杯ベスト16、15年南米選手権を制した知将の采配に注目が集まる。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/30(土) 16:24
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新