ここから本文です

増大する日本への脅威 米朝首脳会談総括 その5(最終回)

7/2(月) 18:04配信

Japan In-depth

【まとめ】

・米朝会談後の日本の安全保障環境はより厳しいものに

・反日・核武装の統一朝鮮の悪夢と、主導権握る中国軍

・日米同盟と日本の防衛力強化が必要。憲法9条問題も課題

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=40770でお読み下さい。】



米朝首脳会談の結果について論じてきた。まずこの会談が開かれた経緯の意味、主題となった北朝鮮の非核化の展望、そしてこうした動きが東アジア全体の安全保障情勢をどう変えていくのか、という予測などを述べてきた。

ここで当然ながら気になるのは、今回の首脳会談で起きた複雑多岐な変革のうねりがわが日本にどんな影響を及ぼすか、である。より具体的には日本の国家安全保障をどう変えていくのか、という課題だといえる。

ではこの連載の最終回ではその日本への影響について論じることとする。



(3)日本の安全保障への影響

日本は米朝首脳会談が象徴する変化の数々によって厳しい安全保障政策の調整を迫られるだろう。その新しい状況は日本にとってきわめて厳しい国難とさえ呼べるチャレンジともなろう。あるいは脅威とも、危機とも呼べるだろう。この点での新たな課題は二つに区分できる。北朝鮮の脅威と中国の脅威である。それらの日本に対する脅威が米朝首脳会談以後の世界では、いずれも増大する見通しが強いのだ。

北朝鮮が長年の宿敵ともいえるアメリカや韓国に対してこれほどの友好や融和のジェスチュアをみせているときに、日本への北朝鮮の脅威が増すというのは矛盾としてひびくかもしれない。だが北朝鮮当局は現実に日本に対しては米朝首脳会談後も悪口雑言に近い言辞で非難を浴びせているのだ。北朝鮮が日本を敵視して、自国にとっての脅威としての扱いをしているのだ。

北朝鮮はアメリカにも韓国にも和平や和解の姿勢を誇示しながらも、日本に対しては敵視の構えを変えていない。いやむしろ日本に対しては従来の敵対姿勢を強めているようなのだ。

北朝鮮はたとえアメリカの要求による非核化を果たしても、さらに長距離の弾道ミサイルの削減までを実行したとしてもなお、日本にとっての脅威である中距離、短距離のミサイルは撤去するような気配はツユほどもみせていない。日本人拉致事件についても、トランプ大統領から全員一括解放の要求を受けながら、明確な態度は遅々としてみせないのだ。

1/2ページ

最終更新:7/2(月) 18:04
Japan In-depth

あなたにおすすめの記事