ここから本文です

西野監督、PK戦トレーニングに「あまり意味ない」と断言 その真意とは?

7/2(月) 5:50配信

Football ZONE web

ベルギー戦前日会見でPK戦について言及 チームとして「トレーニングしたことがない」

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦ベルギー戦に臨む。史上初のベスト8進出が懸かるなか、前日会見に出席した西野朗監督はPK戦について問われると、PK戦のトレーニングについて「あまり意味のないトレーニングだと思っている」と持論を展開している。果たしてその真意とは――。

【動画】日本代表の“完璧なオフサイドトラップ”が世界で話題! 美しく連動した動きに賛辞止まず「史上最高」「お手本」

 2010年南アフリカW杯で16強に進出した日本はパラグアイと激突し、0-0まま突入したPK戦で敗れた。今回のベルギー戦でもPK戦までもつれる可能性があるなか、西野監督は「(PK戦に)至る前に決着をつけたい」と宣言している。

 さらにPK戦のトレーニングについて「代表でないチームをやってきたなかで、勝敗を決しなければいけない、タイトルを獲れるかどうかというところでPK戦はあったが、一度たりともチームでPK戦のトレーニングをして入ったことはない」と明かしている。

「不安のある選手は個人的にはトレーニングをしていた」とあくまで個々の判断は尊重したとしながらも、「チームとしてPK戦のトレーニングをしたことがない」と改めて強調した。そこには指揮官なりの持論があるという。

「トレーニングのなかで作るのは不可能」と吐露

「あの精神状態をトレーニングのなかで作るのは不可能。PKであればキッカーが優位に立っていることは間違いない。あの緊張感のなかでボールをセットできるかどうかになる」

 大きな重圧のなかで迎えるPKのキックをトレーニングで再現するのは不可能と説明する西野監督。キック精度の上達ではなく、あくまで“精神状態”について触れているが、それでも「あまり意味のないトレーニングだと思っている」と吐露している。

「現状、一度もピッチで(PK戦の)トレーニングはしていない。明日は、そこに至る前に決着をつけたい」

 PK前勝利を期すなか、日本は史上初のベスト8進出を120分間で決められるだろうか。

大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki

最終更新:7/2(月) 5:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事