ここから本文です

スーパーカブC125にも乗れるAT小型免許が2日で取得可能に

7/3(火) 17:08配信

WEBヤングマシン

クロスカブ110にも乗れる

長年、待望されてきたオートマ原付2種免許の取得容易化が近々実現されることになった。オートマ原付2種免許の取得容易化に関するパブリックコメントの募集が終了。早くも7月中から最短2日で免許取得が可能になりそうだ! ※ヤングマシン8月号(6月23日発売)より

AT小型免許の教習短縮、7月開始へ!!

ポイント
●1日の技能教習の上限を1時限引き上げる(最大4時限に)
●1日4時限の技能教習を行う場合、50分の休憩時間を置く
●普通自動車免許等保有者に限る

警察庁が道路交通法施行規則を改正し、オートマ(AT)小型限定の普通2輪免許(125cc以下)の教習にかかる日数を現在の最短3日から2日に短縮する予定なのは、本誌6月号で既報の通り。4月9日~5月8日の期間、一般からパブリックコメントを募集し、その結果が明らかになった。そして7月内にも新たな教習制度が開始されることになりそうだ。パブコメとして寄せられた意見は、全78件。この数はかなり多く、注目度の高さが窺える。賛成の意見のほか、1日4時限の技能教習が可能になることから「教習生の理解度に問題がある」などの反対意見もあった。だが、警察庁では、調査研究と実験教習の結果、安全性や教習効果への影響はないものと認められたとコメントしている。

なお、1日4時限の技能教習を行う場合、1時限(50分)相当時間以上の休息を義務付けるが、画一的に必ず教習を4時限行い、休息を1時限置くものではない。各教習所の裁量に任され、今まで通り上限を3時限としたり、1時限以上の休息を取る教習所もあるだろう。2日で免許を取得するには、指定教習所で教習を終えた同日、技能検定に合格する必要がある。このようなカリキュラムを設けるか否かについても各教習所の判断に任せられるとのこと。また、「技能検定を廃止して、みきわめだけで教習所を卒業できるようにしてほしい」との要望もあったが、みきわめと検定の趣旨&方法が異なるため、「検定の廃止は困難」という。「他の免許でも技能教習の上限数を見直すべき」との意見もあったが、教習短縮の影響を検証したのはAT小型のみのため、他の免許について今回は見直ししない旨のコメントをしている。言い換えれば、短縮の要望が多くあり、調査研究の結果に問題がなければ、他の免許でも見直しの可能性があるかもしれない。

1/2ページ

最終更新:7/3(火) 17:08
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2018年12月号
10月24日発売

定価880円(税込)

ニューモデル特集KATANA他
スクープCB650R/CBR650R他
新車テストNIKEN
別冊付録KATANA1980-2019

あなたにおすすめの記事