ここから本文です

川口能活の目 今大会で痛感したGK育成の必要性「GKの力で勝てる試合もある」

7/3(火) 18:22配信

THE ANSWER

過去の16強進出時に見られなかった日本の“意思”、だからこそ出会えた課題

 サッカー日本代表は2日(日本時間3日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位の強敵ベルギーに2-3で惜敗した。前半を無失点でしのぐと、後半開始直後にMF原口元気(デュッセルドルフ)、MF乾貴士(エイバル)のゴールで2点のリードを奪ったが、同20分過ぎから立て続けに失点。最後は試合終了間際のカウンターで決勝点を奪われ、力尽きた。

【画像】「胸が張り裂け、心が温まる」と海外メディア感激…決勝被弾直後に生まれた川島&昌子の“感動の1枚”の実際の写真

 今大会屈指の強豪相手を脅かした日本。一時は初の8強進出に手をかけながら逆転負けを喫した展開を専門家はどう見たのか。「THE ANSWER」では、W杯4大会出場の経験を持つ元日本代表GK川口能活(SC相模原)に話を聞いた。

 ◇ ◇ ◇

 ベルギーに勝利し、歴史が変わる瞬間を目に焼き付けたい。その思いで朝3時に目覚まし時計を鳴らし、日本代表の試合をチェックさせてもらいました。

 負けてしまったものの、すごく良い試合をしてくれたというのが一番の感想です。立ち上がりから日本の動きが良く、これはポーランド戦で先発を6人入れ替えた効果も少なからずあったのだと思います。前半15分過ぎからは相手のパスワークに圧倒される時間が続きましたが、自陣ゴール前の最終局面で吉田麻也選手と昌子源選手を中心に体を張り、よく我慢しました。ベルギーのような格上と戦って勝利をつかむための最低条件ともいえる“前半スコアレス”を実現したことで勝機を高めてくれました。

 後半に入ってカウンターから先制する展開も理想的でした。柴崎岳選手のスルーパスは、もしかしたら狙いとは少しズレていたかもしれません。でも対応したベルギーDFは利き足が左だったので、自分から見て右側へのボールの処理に苦労したように見えました。ゴールを決めた原口元気選手は常に献身的なランニングで攻守両面を支えていましたから、そのご褒美とも言えるゴールでした。

 追加点となった乾貴士選手のミドルシュートはまさしくスーパーゴールで、これには早朝ながら僕も絶叫してしまいました。「ベスト8が見えてきた」と感じた人も多かったのではないでしょうか。僕自身も、未踏の地に日本が足を踏み入れる日がやってきたのかなと思いましたから。

1/3ページ

最終更新:7/17(火) 13:20
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事